ニュースリリース

ファーストサーバ,無料SSL証明書「Let's Encrypt」の取り扱いを開始,国内事業者では初

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ファーストサーバ(株)は,同社のホスティングサービスZenlogicホスティング上で,米国の非営利団体ISRG(Internet Security Research Group)運営の無料SSLサーバ証明書「Let's Encrypt(レッツ エンクリプト)」の取り扱いを2月24日より開始した。

公共Wi-Fiやスマートデバイスの普及で,いつでもどこでもインターネットに接続できるようになり,安全な通信のための暗号化も必須となりつつある。Google等によるWebサイトのSSL対応の推奨や,主要ブラウザがSSLサーバ証明書のないWebサイトの表示に警告メッセージを出すなど,常時SSL化への動きが進んでいる。

一方で SSLサーバ証明書の普及は低く,ビジネス利用が大半の同社のレンタルサーバ利用者でもSSL証明書の導入率は11%程度とのこと。

「Let's Encrypt」はドメイン名の使用権限を確認し発行する「ドメイン認証(DV)」タイプの無料の証明書。プロジェクトは多くのネット企業やIT関連団体がスポンサーとして支援しており,主要なブラウザに対応している。導入は個人でも可能だが,手続きは煩雑で,3ヵ月ごとに更新が必要など,運用し続けるのは難しい面がある。同社のZenlogicホスティングサービスの中で利用することで,ファーストサーバが証明書の取得および設置を代行,更新を行ってくれるので,ユーザはめんどうな手順を踏むことなく無料で安全なサーバ証明書を導入できる。

すでにファーストサーバで提供している「組織認証(OV)」「拡張認証(EV)」タイプを含め,ユーザのニーズと予算に合わせて提供することで,同社のユーザの全WebサイトのSSL化を目指していく。

無料SSLサーバ証明書「Let's Encrypt」
URL:https://zenlogic.jp/service/ssl/letsencrypt.html
ファーストサーバ
URL:https://www.firstserver.co.jp/

コメント

コメントの記入