ニュースリリース

物理シミュレーション/モデリングソフトウェアCOMSOL Multiphysicsの最新バージョン5.2a発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2016年6月17日,米COMSOL,Inc.は同社のマルチフィジックスシミュレーションソフトウェアCOMSOL Multiphysicsの最新バージョン5.2aを発表,同日から販売を開始した。日本では計測エンジアリングシステム⁠株⁠から発売されている。

COMSOL Multiphysicsは,数値法をベースに,物理学に基づいた問題のモデル化とシミュレーション用の汎用ソフトウェアプラットフォーム。30を超えるアドオンにより,電気,機械,流体,化学等のアプリケーションにシミュレーションUIを追加できる。技術計算,CAD,ECAD等に結合するためのインターフェースも用意されている。

バージョン5.2aでは新たに以下の3種類のソルバが追加された。

  • SA-AMGソルバ
  • 領域分割ソルバ
  • 不連続ガラーキン法(DG)に基づく新たな陽解法ソルバ

作成されたシミュレーションはApplication Builderというツールを使い,他の人やアプリケーションに埋め込むことが可能。バージョン5.2aでは実行中のアプリケーションのUIをアプリケーションの設計者が変更したり,ユニットの取り扱いを一元管理できるほか,ハイパーリンクやビデオを埋め込むことができる。

また,COMSOL Client for WindowsまたはWebブラウザからCOMSOL Serverに接続することで,組織全体にアプリケーションを導入することが可能。COMSOL Serverソフトウェアでは,配色,ロゴ,画面に表示されるログなど,外観やスタイルをカスタマイズできるようになった。

COMSOLバージョン 5.2リリースハイライト(製品のダウンロードも可能)
URL:http://www.comsol.com/release/5.2

コメント

コメントの記入