ニュースリリース

グレープシティ,表計算JavaScriptライブラリ「SpreadJS 9J」をリファクタリング,軽量,高速化して提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ⁠株⁠は,Webブラウザ上でExcelライクなユーザインターフェースを実現するHTML5スプレッドシートウィジェット(JavaScriptライブラリ)⁠SpreadJS 9J」のリファクタリング版を7月27日から提供開始した。既存のSpreadJS 9JユーザにはService Pack 1として無償ダウンロード提供される。

SpreadJSは表計算,数式,ソート,フィルタリング,条件付き書式Excel互換機能をもつJavaScriptライブラリで,JavaScriptフレームワークAngular.js用のディレクティブを備えており,TypeScriptを使用した開発も可能となっている。⁠SpreadJS 9J」は,SpreadJS,および連携して利用するSpreadJSデザイナとExcelIOサービスを1つにまとめた製品。2016年1月に発売された。

リファクタリング版ではコードを見直し,従来版より軽量で,動作が高速となった。またjQuery非依存となり,コードの実行時にjQueryの参照が不要となり,APIのシンプル化と合わせてわかりやすいコードで記述できるようになった。さらにOS版Safari,Chromeでの動作をサポートした。

リファクタリング版の新機能として,以下が追加された。

テーブルスライサー
ボタンを使ってデータをフィルタリングできる機能
Excel2013/2016テーマ
Microsoft Excel 2013/2016のような外観設定が可能となるテーマ
印刷機能
従来はブラウザの印刷機能しか使用できなかったが,シート印刷を実行するAPIを追加,Webアプリから印刷機能を利用可能で,より細かい印刷設定を行うことができる。
クライアントサイドExcelIO
ExcelIOサービスは,SpreadJSとExcelファイルのインポート/エクスポートやPDFファイルのエクスポート機能を提供するもの。.NETアプリケーション用DLLの形で提供される。新たにサーバ側だけでなくSpreadJSクライアント側でExcelファイルのインポート/エクスポートが可能となった。

テーブルスライサーを使ったUIの例,右のボタンで項目のフィルタリングができる

テーブルスライサーを使ったUIの例,右のボタンで項目のフィルタリングができる

今回のリファクタリング版提供に伴い,SpreadJS 9Jの製品構成は「SpreadJS」⁠リファクタリング版)「SpreadJS Classic」⁠従来版)の2つのライブラリを収録した形になる。SpreadJS 9Jの動作環境は,Internet Explorer 9以上,Microsoft Edge,Chrome,Firefox,Safari 5.1以上。価格は1開発ライセンスあたり12万円(税抜)⁠

SpreadJS 9J
URL:http://jp.spread.grapecity.com/spreadjs/
グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/tools/

コメント

コメントの記入