ニュースリリース

グレープシティ,SalesforceにExcelライクなUIを提供するアプリ発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は,Salesforce向けソリューションのシリーズ「GrapeCity for Salesforce」の第2弾として,SalesforceにExcelライクなユーザーインタフェースを提供するAppExchangeアプリ「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce(グレープシティ スプレッドシート)⁠を12月7日に発売した。1ユーザの月額利用料は1,500円(税別)⁠

GrapeCity Spreadsheetは,SalesforceのデータをMicrosoft Excelのような柔軟な一覧形式で参照したり編集したりでき,標準機能で作成するビューよりもはるかに使いやすく,従来の何倍もの効率化が可能とのこと。

Excelのようにデータのソートやフィルタリング,グループ化のほか,条件付き書式の設定も可能です。また,Excelライクなキー操作も可能。⁠F2キー」でセルを編集モードにしたり,Ctrl+C,Ctrl+Vでコピー&ペーストしたり,効率よくデータの編集ができる。シート上の文字列検索や置き換えもExcel同様に使用できる。またExcelシート上のセルをコピーして「Spreadsheet for Salesforce」に直接貼り付けることができる。標準のインポート機能を使うよりもはるかに早くデータを登録できるという。

このほか,フィルタリングによるデータの値によってセルの背景色や文字色を動的に変えたり,Salesforceで標準に登録されているビューをインポート,作成したビューをィルタリングやグループ化などの設定を保ったままExcelにエクスポートしたり,CSVで出力することもできる。

発売記念キャンペーンとして,2ユーザー分の月額利用料を永続的に無料で利用できる「2ユーザーずーっと無料キャンペーン」および全ユーザーの月額利用料を永続的に33%割り引き(1,500円→1,000円/1ユーザー)とする「全ユーザーずーっと33%OFFキャンペーン」が実施される。キャンペーン期間は2017年3月31日まで。詳しくはキャンペーンページを参照。

GrapeCity Spreadsheet for Salesforce
URL:http://gcsf.grapecity.com/products/grapecity-spreadsheet.htm

コメント

コメントの記入