ニュースリリース

Excel風表計算コンポーネント「SPREAD for Windows Forms 10.0J」2017年2月に発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は,Microsoft Excelライクな操作性を実現するWindowsデータグリッドコンポーネントの新バージョン「SPREAD for Windows Forms 10.0J(スプレッド)⁠を2017年2月15日(水)に発売する。1開発ライセンスは17万2,800円(税込)⁠

SPREADは,Excelと高い互換性を持ち,グリッドとスプレッドシートの機能をもつ表計算データグリッドコンポーネント。Excelに類似した使い勝手のGUIデザイナも付属し,シートのスタイル,行・列・セルの外観やプロパティのほか,マルチシート,チャート,シェイプ,グループ化,条件付き書式などの機能をGUI操作のみで実装できる。

新バージョン10.0Jでは,操作性,視認性の両面で大幅な強化を行っています。日本語入力支援コンポーネントInputManの機能を持ったInputManセルにプルダウンのコンボボックス等の新たなセル型を追加したほか,Excel 2016で追加されたツリーマップ,ヒストグラム,パレート図等のチャートやステータスバー,名前ボックスといったUIが新たに使用できる。

開発ライセンスは,これまでのコンピュータ1台に対して1ライセンスだったマシン単位のライセンス体系から,ユーザ単位の体系になる。1人の開発者につき1ライセンスが必要となり,1ライセンスで3台のマシンまでインストール可。また,最低7年の長期保守サービスを新たに提供し,サービス契約期間中はテクニカルサポート,フリーアップグレード等のサービスを受けることができる。

SPREAD for Windows Forms
URL:http://www.grapecity.com/tools/products/spreadwin10

コメント

コメントの記入