ニュースリリース

グレープシティ,クラウドサービス型BIツール「DragonFly BI」をアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ(株)は,クラウドサービス型セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」を2016年12月16日にアップデートした。

DragonFly BIは,シンプルな機能に絞って開発されたセルフサービスBIツール。操作が簡単で,低い学習コストと導入コストで使用できる。2016年6月に発売され,初期費用10万円,月額3万5,000円(いずれも税抜)で5デザイナライセンス,10ビューワライセンスまで使用可能。

今回のアップデートでは,以下の機能が追加された。

スプレッドシートのExcel出力
DragonFly BIの「スプレッドシート」は,表計算,テーブル作成,条件付き書式,Excel関数,ピボットテーブルなどExcelで利用頻度の高い機能のほとんどを同じように操作可能な機能。今回のアップデートでDragonFly BIのスプレッドシートで集計したデータをそのままExcelファイルにエクスポートできるExcel出力機能が追加された。
ダッシュボードのPDF出力
複数ページのダッシュボードでも,1つのPDFファイルとして出力できるPDF出力機能が追加。
データセット作成時の機能を拡張
DragonFly BIでは,接続済みのデータソースを自由に結合し,集計分析用のデータセットを作ることができる。アップデートにより,複数キーによる結合が行えるようになった。データの絞り込みを行えるフィルタ機能も追加。
新規グラフ種の追加
グラフ作成機能にレーダーチャートを追加。また,グラフの幅や折れ線グラフの線種といったデータ要素の書式設定を調整し,軸線の表示や垂直補助線の追加も可能に。
接続データソースの追加
DragonFly BI上に接続できるデータベースに,MySQLとPostgreSQLが追加された。

今回のアップデートとともに,2017年3月末日まで同製品の無料評価版試用期間を90日に延長するキャンペーンが実施されている。

DragonFly BI
URL:http://www.dragonflybi.com/

コメント

コメントの記入