ニュースリリース

SORACOM,IoTデバイス管理サービス「SORACOM Inventory」,トラフィック処理サービス「SORACOM Junction」を開始,省電力広域通信技術Sigfoxへの対応も発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

⁠株⁠ソラコムは2017年7月5日,IoT通信プラットフォーム「SORACOM」における新たなサービス2種の開始を発表した。発表は同日開催された同社主催するカンファレンス「SORACOM Conference “Discovery” 2017」の基調講演で行われた。

デバイス管理サービス「SORACOM Inventory」

新サービスの1つ「SORACOM Inventory」は,IoTデバイスのステータス,稼働状態や設定の管理,デバイスに簡単なコマンドを実行させることができるサービス。リモートからセキュアに設定の確認や更新,ファームウェアの確認や更新,コマンド実行,デバイスの再起動,データ配布や各種メトリクスのモニタリングが実現される。

「SORACOM Inventory」のサービスイメージ

「SORACOM Inventory」のサービスイメージ

通信プロトコルにOpen Mobile Alliance(OMA)により標準化されたOMA Light Weight M2M(LwM2M)プロトコルを採用。管理したいIoTデバイスにLwM2Mの「エージェント」と呼ばれるクライアントプログラムをインストールし,SORACOM側に用意されたサーバと通信することでサービスが提供される。SORACOM SIMがセットされたゲートウェイを使用している場合は,その先に接続されたデバイスにもエージェントをインストールすることで管理可能となる。

ユーザはサーバ側の設定は不要で,Webコンソール上,およびLwM2MベースのAPI経由で各種の操作が可能。LWM2Mエージェントはユーザが作成する必要があるが,Linux上で動作するC,Javaで書かれたエージェント,およびAndroid向けのエージェントのサンプルがソラコムから提供される予定。

デバイスのさまざまな情報をコントロール可能

デバイスのさまざまな情報をコントロール可能

利用料金は,アクティブデバイス数とイベント数(どちらか大きい方)に応じた月額課金となる。

  • 3デバイス or 15万イベント/月まで :無料
  • 100デバイス or 500万イベント/月まで :5,000円
  • 300デバイス or 1,500万イベント/月まで :13,500円
  • 1,000デバイス or 5,000万イベント/月まで :40,500円

なお,このサービスは7月5日時点で「Limited Preview」という形で提供される(Limited Preview中は利用料金は無料)⁠利用するには目的や使い方,導入時期などの申請を行う必要がある。

SORACOM Inventory
URL:https://soracom.jp/services/inventory/

透過型トラフィック処理サービス「SORACOM Junction」

「SORACOM Junction」は,ユーザが管理するデバイスの通信を監視,制御できるサービス。デバイスの通信トラフィックの概況を把握したり,セキュリティ監視やアプリごとに通信の制御を変更したいといった要望に応えるものである。7月5日の開始時点で3種類のトラフィック処理機能を実現している。

Inspection
パケットフローを解析して統計情報を出力する機能。アプリケーションの判別や通信先の可視化,法人向け通信サービスでのアクセス先の分析等に利用できる。統計情報の送信先はユーザが指定できる。
Mirroring
パケットのコピーを指定の宛先に転送する機能。ミラーリング先に不正アクセス検知やセキュリティ解析を行うエンジンを指定することでセキュリティの脅威や異常検知の早期発見等に効果がある。
Redirection
パケットを指定のゲートウェイ経由で転送するサービス。経由させるサーバにトラフィックを制御するエンジンを置くと,ファイル配信等の帯域を絞ってセンサーデータやアラートを優先させたり,特定のアプリの通信のみを許可するなど,独自のポリシーに従ったトラフィックの制御が可能となる。

「SORACOM Junction」の概要

「SORACOM Junction」の概要

これらはいずれもSORACOMのコアネットワーク上でパケット交換を司るVirtual Private Gateway(VPG)を通るパケットを操作することにより行われる。VPGは既存の「SORACOM Beam」⁠データ転送)⁠⁠SORACOM Canal」⁠AWSクラウド内の閉域接続)から使われてきたいわば「心臓部」で,この制御をユーザに一部提供する点も注目すべきサービスといえる。

「SORACOM Junction」の利用料金は基本料金が15円/時間(10,800円/月相当)⁠3つの機能のいずれかを使った場合VPGの利用料金がこれに加算される(50円/時間 or 300円/時間:機能の同時使用も同額)⁠さらにInspection機能を使った場合,Inspection機能利用料金(100円/時間)がその上に加算となる。

SORACOM Junction
URL:https://soracom.jp/services/junction/

これで,同社のサービスは「SORACOM Air」から始まり「J」まで揃った。

これで,同社のサービスは「SORACOM Air」から始まり「J」まで揃った。

コメント

コメントの記入