ニュースリリース

アドバンスソフトウェア,郵便番号,住所検索コンポーネント「Yubin7 for Java」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

アドバンスソフトウェア⁠株⁠は,Java環境で住所,郵便番号の検索,変換を可能にする開発コンポーネント「Yubin7 for Java」を,2017年10月31日に発売した。

「Yubin7 for Java」は,Java EE,Java SE環境で動作し,住所・郵便番号の高速な検索を可能とする開発ツール。Javaコンポーネントとして提供され,Javaアプリケーション開発で郵便番号や住所の検索機能を簡単に実装することができる。ライブラリで提供される検索機能は,一般的な郵便番号・住所データの検索のほか,大口事業所向け個別郵便番号の検索や新旧住所変換にも対応。住所の検索では数字・漢数字表記,ビルの表記等の揺らぎにも対応。住所データからカスタマバーコードイメージを生成するバーコードコンポーネントが付属している。

郵便番号辞書は,日本郵便から月に一度公開される郵便番号マスタを元に作成,マスタが公開されたタイミングで最新の辞書を作成し,同社Webページで公開される。また,提供される郵便番号/住所データは旧郵便番号,旧住所もカバーしており,古い住所データから最新の郵便番号,住所への変換も可能。

対応するJava環境は,32bit/64bit版の JDK7.0/8.0 VM,価格は基本パッケージが3万6,720円,配布ライセンスがクライアントアプリケーションの場合1ライセンス2万1,600円,サーバアプリケーションの場合1ライセンス3万240円/(いずれも8%税込み)⁠

Yubin7 for Java製品情報
URL:http://adv.co.jp/product/product_yubin7java.htm

コメント

コメントの記入