ニュースリリース

レノボ・ジャパン,教育市場向けPC「Lenovo 300e」「Lenovo 500e」を発表,Chrome OSを搭載したICT端末

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

レノボ・ジャパン株式会社は2018年3月13日,教育市場をターゲットにした端末「Lenovo 300e」⁠Lenovo 500e」を発表した。

教育市場向け製品投入背景について,同社教育市場担当 渡辺守氏は「日本における教育市場のICT化の遅れが取り沙汰される中,その解決策として,わたしたちは教育クラウドと低価格デバイスに注目しました」と,説明した。

現在の日本の教育市場とICT化,そして,ICT教育を実現するために必要なことについて発表する,レノボ・ジャパン株式会社 教育市場担当 渡辺守氏

現在の日本の教育市場とICT化,そして,ICT教育を実現するために必要なことについて発表する,レノボ・ジャパン株式会社 教育市場担当 渡辺守氏

そして,Chrome OSというメンテナンス性に優れたOSを搭載し,さまざまなクラウドアプリケーションを利用できるChromebookをベースに,今回の「Lenovo 300e」⁠Lenovo 500e」の開発が進み,発表に至った。

また,教育系クラウドとの連携の第1弾として,NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するまなびポケットとの連携が発表された。

レノボ・ジャパン株式会社コマーシャル製品事業部プロダクトマネージャーの元島亮太氏は,現在の試作タイプを用いて,Lenovo 300e/500eの説明をした

レノボ・ジャパン株式会社コマーシャル製品事業部プロダクトマネージャーの元島亮太氏は,現在の試作タイプを用いて,Lenovo 300e/500eの説明をした

どちらも11.6型回転型マルチモード2in1 PCとなっており,開発にあたってはとくに実際に教室で利用されることを想定し,75cm落下テストの実施をしているほか(日本の学校の机の高さは70cmのものが多い)⁠防滴キーボードを採用することで,屋外での授業でも使える仕様となっている。

また,いずれもイン・アウトの2つのカメラを備えており,デジタルカメラの代わりとして課外学習での撮影なども行える。

その他,それぞれのPCの特徴は以下のとおり。

Lenovo 300e

Lenovo 300e

Lenovo 300e

  • プロセッサ:MediaTek MTK 8173C
  • メモり:4Gバイト
  • ストレージ:32Gバイト eMMC
  • インターフェース:USB Type-C,USB 3.0,HDMI,SDメディアカードリーダ,マイクロフォン/ヘッドフォンジャック,ケンジントンロックスロット
  • 想定価格:48,000円前後(税別)

Lenovo 500e

Lenovo 500e

Lenovo 500e

  • プロセッサ:Intel Celeron N3450
  • メモり:4Gバイト
  • ストレージ:32Gバイト eMMC
  • インターフェース:USB Type-C×2,USB 3.0×2,SDメディアカードリーダ,マイクロフォン/ヘッドフォンジャック,ケンジントンロックスロット
  • 想定価格:58,000円前後(税別)

なお,どちらのモデルも2018年5月の発売を予定しているとのこと。販路は,当面は教育関係を中心とした法人向けの販売を行う。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入