ニュースリリース

ファーストサーバ,「Zenlogicホスティング」でAmazon AWSを採用したサービスを提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ファーストサーバ⁠株⁠は,同社が提供しているクラウドベースのホスティングサービス「Zenlogicホスティング」で,新たにクラウド基盤にAmazon Web Services(AWS)を採用したサービス「Zenlogic ホスティング Powered by AWS」の提供を2018年5月16日より順次開始すると発表した。

「Zenlogicホスティング」はこれまでヤフー⁠株⁠のIaaSクラウド基盤(OpenStackベース)を使用したサービスを提供してきたが,今回この基盤部分に世界的に普及の進んでいるAWSを加え,ユーザは選択できるようになった。こうした展開はZenlogicリリース時から検討しており,今後は他のクラウドサービス基盤も採用したマルチクラウド化も予定されている。

画像

このような形式で提供される「Zenlogicホスティング Powered by AWS」の管理UIなどは従来の「Zenlogic ホスティング」と同様の感覚で操作でき,AWSのコントロールパネルやVPC,ネットワークIF等の設定はユーザ側で行う必要はない。申し込みから最短5分で全ての機能が利用可能になり,Webサーバの他,メールサーバ機能も標準で提供される。さらに,ドメイン名やSSLサーバ証明書,WordPress等のCMSなど周辺サービスも,Zenlogicのコントロールパネルから容易に設定,管理できる。

サービスプランと月額料金は以下の通り(すべて税抜き)⁠

プラン名vCPU/メモリ月額料金(1ヵ月契約)月額料金(12ヵ月契約)
AWS-11/1GB10,900円9,810円
AWS-21/2GB17,900円16,110円
AWS-32/8GB38,900円35,010円
AWS-44/16GB65,900円59,310円
  • どのプランも初期費用は無料
  • 使用ディスク(SSD)容量ははいずれも100GB,最大10TBまで追加可能
  • 2週間の無料期間つき
  • リリース記念キャンペーンも行われる

提供開始日は,AWS-3,AWS-4が2018年5月16日(水)⁠AWS-1,AWS-2が2018年6月上旬から。

サポートはメール,電話による365日サポートが標準で,24時間365日の運用監視,保守メンテナンスも行われる。また請求についても,AWSとの個別契約は必要なく,定額,円建て,銀行振込,コンビニ決済対応となっている。

なお,5月のサービス開始当初は,利用できるAWSリージョンは東京リージョンのみとなる。また,利用可能なアプリケーションもWebサーバ,メールサーバ関連のみだが,今後はリージョン指定やRDS,SSH,SnapShot等のオプション機能を追加し,サービスの充実を図っていくとのこと。

Zenlogicホスティング Powered by AWS
URL:https://zenlogic.jp/aws/

コメント

コメントの記入