ニュースリリース

ソラコム,KDDI回線を使った「SORACOM Air for セルラー plan-K」提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠ソラコムは,データ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」⁠日本向け Air SIM)において,KDDI回線が使える「plan-K」を,2018年5月9日より提供開始した。

「SORACOM Air for セルラー」は,ソラコムのIoT通信プラットフォームを利用したサービスのうち,データ通信SIMカードによりセルラー網を利用するサービス。これまで国内向けにはNTTドコモの回線を使ったサービスを提供していた。またグローバル向けに日本,アメリカ,ヨーロッパで利用できるセルラー網のサービスも提供している。

一方,ソラコムは2017年8月にKDDIの子会社となっており,その前の2016年からKDDIのサービスとしてソラコムのコアネットワーク「vConnec Core」を利用した「KDDI IoTコネクトAir」というサービスを提供たが,これはSORACOMプラットフォームが提供するすべてのサービスが利用できるわけではなかった。

今回発表された「plan-K」では,ソラコムがKDDI回線が利用できるデータ通信SIMカードを提供し,ユーザはKDDIの回線を利用して「SORACOM」プラットフォームのすべてのサービスがご利用できるようになる。これにともない,従来のドコモ回線を使ったサービスは「SORACOM Air for セルラー plan-D」という名称に変更された。

「plan-K」⁠⁠plan-D」はどちらもSORACOMのウェブコンソールから購入でき,⁠SIM管理」画面で回線の開始や休止などの操作,設定を一括管理できる。また,SORACOMが提供する,データ収集・可視化,クラウド連携,閉域網接続などの各プラットフォームサービスにおいても双方同じ設定で利用できる。

SORACOMウェブコンソールのSIM管理画面(発表資料より)

SORACOMウェブコンソールのSIM管理画面(発表資料より)

またプライベート接続サービス「SORACOM Canal」⁠⁠SORACOM Direct」⁠⁠SORACOM Door」では「plan-D」⁠⁠plan-K」を紐付けてひとつの閉域網接続を構築することができる。2つのモバイル回線を利用した冗長構成を取ることが可能となった。

「plan-K」の初期費用や料金体系は以下の通り(いずれも税別)⁠

契約事務手数料
1回線(SIM)あたり1,500 円+送料
基本料金
使用開始前:5円/日
使用開始後:10円/日
利用中断中:5円/日
(利用期間のコミットなしの場合)
通信料金
上り0.2~0.3円/MB,下り0.2~1円/MB
(時間帯,通信速度による)
SMS通信料
送信料:3円~30円/回
受信料: 無料

「SORACOM認定デバイス」においても,今後「plan-K」に対応する通信ゲートウェイなどのデバイス認定を開始する予定。この他,SORACOM Airを使って1個単位で販売される「plan-K」が利用できるリファレンスデバイスの提供を予定している。

SORACOM Air for セルラー
URL:https://soracom.jp/services/air/cellular/

コメント

コメントの記入