ニュースリリース

BoostIO,Issueに賞金をかけられ,解決したコントリビューターが受け取れるサービス「IssueHunt」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

6月20日,株式会社BoostIOは「IssueHunt」というOSS開発者向けのサービスをリリースした。

IssuehHuntを使うことで,GitHubで公開しているプロジェクトのIssue(ソフトウェアのバグや追加したい機能)に個別に賞金をかけることができ,そのIssueを解決したコントリビューターにはそのお金を受け取れる仕組みを提供する。なお,コントリビューターからのプルリクエストをマージすることで,このプロジェクトの運営者も賞金の20%の額を受け取ることができる(賞金からこの額を引いて,さらにサービス手数料の10%を引いた額が実際の報酬となる)⁠この賞金自体は,プロジェクトの運営者が最初から設定したり,そのソフトウェアのファンが直してほしいIssueに投げ銭(寄付)として設定できる。

IssuehHuntを利用した事例として,BoostIO社のサービス⁠Boostnote⁠におけるIssueの解決がある。この修正では「Boostnoteに対してカスタムCSSを追加したい」というユーザーの意見から,2人による投げ銭で48.5ドルの賞金が設定され,この問題を修正した開発者に送られた。このように,⁠自分のプログラミングスキルを活かし,賞金を獲得する開発者」「細かいバグで人を雇うほどでははないが,修正するリソースが自社にない」といった開発者と運営者のマッチングをおこなえる。

画像

IssueHunt
URL:https://issuehunt.io/

コメント

コメントの記入