ニュースリリース

日本マイクロソフト,新経営体制を発表~元日本HP代表取締役社長執行役員吉田仁志氏が代表取締役社長へ,前社長平野拓也氏は特別顧問に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本マイクロソフト株式会社は10月1日,同社の新経営体制を発表した。日本マイクロソフト株式会社新代表取締役社長には,元日本ヒューレット・パッカード株式会社代表取締役社長執行役員吉田仁志氏が就任。前任の平野拓也氏は2019年9月より,米Microsoftワンコマーシャルパートナーグループバイスプレジデントグローバルシステムインテグレータービジネス担当に就任,また,日本マイクロソフト特別顧問を兼任している。

今回の新体制発表に伴い,10月2日に記者向け発表会が行われた。両名に加えて,Microsoft AsiaのPresident,Ralph Haupter氏の3名により,今回の新体制の背景と狙い,今後の日本マイクロソフトの戦略と展望について説明が行われた。

写真中央が,日本マイクロソフト新代表取締役社長 吉田仁志氏。左が前任の平野拓也氏,右がMicrosoft AsiaのRalph Haupter氏

写真中央が,日本マイクロソフト新代表取締役社長 吉田仁志氏。左が前任の平野拓也氏,右がMicrosoft AsiaのRalph Haupter氏

まず,Ralph氏より,平野前社長が取り組んできた,日本マイクロソフトとしてのデジタルトランスフォーメーションとその実績に対して,平野氏のリーダーシップと顧客との強いパートナーシップの構築に対する高い評価が行われた。

また,このタイミングでの交代に対して,一連の流れをくみながら,同社の元パートナーのトップであった吉田氏を招聘することで,日本市場における日本マイクロソフトとしての,民間・政府・顧客とのさらなるエンゲージメントへの期待が述べられた。

バトンを渡した平野氏は,まず「この日を非常に楽しみにしていました」とコメントし,⁠ここ数年,日本マイクロソフト,そして,Microsoftがグローバルでビジネスはもちろん,カルチャーが大きく変革している中,Microsoftの変革に対して,強いパッションを持っている人材を迎えられました」と吉田氏への期待とエールが送られた。

最後に吉田氏は新社長就任に当たり「日本マイクロソフトは,良い意味で変革できる,数少ないグローバル企業。その組織に参画できて非常に嬉しく思います。昨日,社内を回って感じたのが社員のイキイキとした姿で,皆ポジティブだったこと。これまで,平野さんがRalphとともに築いてきた組織,これまでの取り組みを踏襲しながら,ITの力で,日本の社会をもっと良くしていきたいです」と,抱負を述べた。

具体的な戦略などについてはこれから発表していくとしながらも,この数年注力していたクラウド分野,また,それを支える技術,エンジニアリングへの投資は行っていくとし,質疑応答の際に,これまでのエンジニアへのアプローチについて質問したところ,⁠テクノロジーカンファレンスとして,多くのエンジニアのコミュニティにもなっている)de:codeをはじめとした,技術的アクティビティは継続して実施します」と,吉田,平野両氏から述べられた。

また,Ralph氏からはエンジニアへのアプローチについては「この1年半,日本マイクロソフトとして,社内のエンジニアリングスキルの向上に力を入れてきました。これは引き続き取り組んだ上で,今,私たちが課題と感じている,パートナー企業のエンジニアリングスキル不足の解消を目指します。日本を始めとしたアジアのパートナーに向けて、トレーニングの実施など、私たちがサポートできることを積極的に取り組んでまいります」と補足された。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2019年

バックナンバー一覧