速報!2008 JavaOne Conference

2008 JavaOne Conference,開幕! 「JAVA+YOU」で実現する“Connected Life”

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今年で13回目を迎える世界最大のJava開発者向けイベントJavaOneが,現地時間2008年5月6日に米国サン・フランシスコのMoscone Centerで開幕しました。今回のキャッチフレーズはJAVA+YOU。多くの開発者たちの創造性を刺激する発表や展示が行われ,また開発者同士の熱い議論が交わされる4日間の始まりです。

写真1 今年で13回目を迎えるJavaOne

写真1 今年で13回目を迎えるJavaOne

ダンスパフォーマンス,そして恒例のTシャツバズーカ

開幕は毎年恒例のGeneral Sessionから始まります。開幕直前ダンスチームによるパフォーマンスが行われ,会場の雰囲気はヒートアップ。

写真2 開幕前に会場を盛り上げるダンスパフォーマンス

写真2 開幕前に会場を盛り上げるダンスパフォーマンス

写真3 午前8時30からのスタートでも超満員に

写真3 開幕前に会場を盛り上げるダンスパフォーマンス

そして,ついにスタート……いつものようにJohn Gage氏のオープニングトークからスタートと思いきや,今回のJavaOneでは,最初にJames Gosling氏によるTシャツバズーカのデモが行われました。James Goslingを射手に,John Gage氏とCGO(Chief Gaming Officer)のChris Melissionsの両名がサポートしながら,会場に向けてオリジナルTシャツを「発射」します。

動画1 おなじみGosling氏によるTシャツバズーカ。今回は旧式のパチンコ型

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm3226632

“Don't be shy”

オープニングパフォーマンスが終了し,いよいよGeneral Sessionのスタートです。最初は,毎回恒例となったホスト役John Gageによる来場者のJavaOne参加回数調査,そしてJavaOneのルールDon't be shyの説明が行われ,参加者に向けて積極的な交流,名刺交換を促します。その後,JavaFXを使ったCO2センサーの紹介をして,オープニングトークは終了しました。

写真4 CO2センサーのデモ。技術とともに環境問題についても触れた。アプリケーションはJavaFXで開発されている

写真4 CO2センサーのデモ。技術とともに環境問題についても触れた。アプリケーションはJavaFXで開発されている

JavaのRIA対応―JavaFXの最新動向

続いて登場したRich Green氏による講演では,Javaの最新動向について述べられた後,2つのベンダからゲストを呼び,JAVA+YOUのコンセプトを実現しているデバイスについて紹介されました。

Kindleと携帯電話

最初のゲストは,Amazon.com,Vice President,KindleのIan Freed氏。同氏は,Amazonの電子ブックリーダーKindleの紹介をしました。同製品は,インターネットを介したデータ転送機能を実装した電子ブックリーダーで,Javaアプリケーションを内蔵しています。今回の「JAVA+YOU」のコンセプトでもある,いつでもどこでもを実現できるデバイスとして紹介されました。

左:写真5 Sun Microsystems, Inc. Exective Vice President, SoftwareのRich Green氏

右:写真6 Amazon Kindleを手に登場したIan Freed氏

写真5 Sun Microsystems, Inc. Exective Vice President, SoftwareのRich Green氏 写真6 Amazon Kindleを手に登場したIan Freed氏

2人目はSony Ericsson Senior Vice PresidentのRikko Sakaguchi氏が登壇。同社が2年前に発表したコンセプトを実現し,携帯電話を使ってWebやマルチメディアがつながるようになったことを強調しました。

ユーザエクスペリエンスを満たすための技術

この2つのデモから,Rich Green氏は「Javaが開発され進歩したことにより,いつでもどこでつながることが可能になった」と述べ,さらにその結果として求められるユーザエクスペリエンス(UX)がどんどん高まっていることを強調しました。

そして,それを解決する技術がRIA(Rich Internet Application)であると説明しました。同氏はRIAについて,

  • Great user experience
  • That merges information from different services
  • Across all the screens of your life
  • So developers can choos how they monetize

の4つを特徴としてあげています。

そしていよいよ今回のGeneral Sessionの目玉である,JavaFXの最新動向のプレゼンが行われました。

コメント

コメントの記入