Java 9のその先へ~JavaOne Conference 2017レポート

第1回 JavaOne 2017開幕,キーノート速報~Project Jigsawついにリリース!女性コミュニティ活性化,データが創る未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2017年10月1日から5日までの5日間にわたって,米サンフランシスコのMoscone CenterにおいてJava開発者のための年次イベントJavaOne Conference 2017が開催されています。これに先立つ9月には,Java 9およびJava EE 9が正式にリリースされたほか,JDKのリリースサイクルの変更やJava EEのEclipse Foundationへの寄贈など,大きな話題が相次ぎました。これらの発表を受けて,Javaプラットフォームが今後どのように変化していくのかが注目されています。

本記事では,その先行きを占うキーノートセッションの様子をレポートします。

女性コミュニティが活発に

キーノートの進行役は,OracleでJava PlatformのVice President of Software DevelopmentであるGeorges Saab氏が務めました。

Oracle, Java Platform, Vice President of Software Development, Georges Saab氏

Oracle, Java Platform, Vice President of Software Development, Georges Saab氏

まず冒頭で,Javaがどれだけ多くの人々に支えられているかが語られたうえで,とくに近年は女性の参加が増えており女性コミュニティが活発になっていることや,それを支援するDuchessの活動などが紹介されました。DuchessのメンバーでもあるグァテマラのJava開発者Mercedes Wyss氏(写真左)は,女性がどのようにJavaコミュニティに貢献しているかを話しました。

女性コミュニティがJavaに大きく貢献している

女性コミュニティがJavaに大きく貢献している

データが未来を創る

続いて,IntelのVide PresidentであるMichael Greene氏が壇上に呼ばれました。Michael氏は,人工知能技術の向上や機械学習の普及,自動運転技術の発展などを例に挙げながら,"これからはデータが未来を創る"ということを強調したうえで,IntelのプロセッサとJavaの組み合わせによってデータ処理のクオリティが格段に向上すると語りました。

また,同社が開発している不揮発性メモリにデータを保持するためのJavaライブラリPersistent Collections for Javaをオープンソースで公開していることも紹介しました。同社によるワークベンチもGitHub上で公開されています。

Intel, Software & Service Group, Vide President, Michael Greene氏

Intel, Softwar

データ処理は,より高速に,よりスケーラブルに,よりスマートになる

データ処理は,より高速に,よりスケーラブルに,よりスマートになる

Michael氏に呼ばれて登場したJohn Rose氏は,OracleでChief JVM Architectであり,OpneJDKのプロジェクトであるProject Panamaをリードする人物です。Project PanamaはネイティブコードやネイティブデータにおけるJVM上のデータの枠組みを再構成するプロジェクトです。このキーノートでは,Intel AVX512上でProject Panamaを利用したベクトル演算のデモを行い,そのパフォーマンスの高さを披露しました。

それに加えて,このデモで使われたProject PanamaのVector APIについて解説する特設サイトVector API Developer Program for Java* SoftwareをIntelが公開したことが発表されました。

Oracle, Chief JVM Architect, John Rose氏

Oracle, Chief JVM Architect, John Rose氏

Java EEをEclipse Founcationに移管

続いて,OracleのVice President of Product DevelopmentであるMark Cavage氏が登壇しました。

Oracle, Java and Container Native Platform, Vice President of Product Development, Mark Cavage氏

Oracle, Java and Container Native Platform, Vice President of Product Development, Mark Cavage氏

Mark氏は現在のJavaの強みとして「オープン」⁠⁠進化(Evolving)⁠⁠軽快(Nimble)⁠スケーラブル」の4点を挙げた上で,先日リリースされたJava EE 8のオープン性も強調し,その流れの中でOracle Java EEをEclipse Foundationに移管したことを改めて説明しました。Oracleは互換性を試験するTCK(Technology Compatibility Kit )も含めて寄贈することを発表しており,今後は同Foundationの主導でJava EEの開発が行われることになります。

壇上には,Eclipse Foundationで中心的な役割を果たす3社から代表としてMark Little氏,Ian Robinson氏,David Blevins氏が呼ばれ,⁠Eclipse Foundationにとってもユーザにとっても良い選択だ」などのメッセージを送りました。

左から,Redhat VP - Engineer, Mark Little氏 / IBM Distinguished Engineer, Ian Robinson氏 / Tomitribe, Founder&CEO, David Blevins氏

左から,Redhat VP - Engineer, Mark Little氏 / IBM Distinguished Engineer, Ian Robinson氏 / Tomitribe, Founde

著者プロフィール

杉山貴章(すぎやまたかあき)

有限会社オングス所属。Javaやシェルスクリプトによるソフトウェア開発を手がけるかたわら,プログラミング関連書籍やIT系雑誌記事,ニュース記事などの執筆などを行っている。著書に『正規表現書き方ドリル』(2010年,技術評論社),『図解クラウド 仕事で使える基本の知識』(2011年,技術評論社)などがある。

バックナンバー

Java 9のその先へ~JavaOne Conference 2017レポート

コメント

コメントの記入