「Chrome+HTML5 Conference~第20回記念HTML5とか勉強会スペシャル~」レポート

プログラマートラックレポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Chrome+HTML5 Conferenceのプログラムのうち,本稿ではプログラマーセッションの最初の3講演についてレポートします。

HTML5により,APIの機能が格段に向上し,Webは本格的なアプリケーション開発基盤へと進化します。その結果,Webの秘めるポテンシャルが引き出され,これまでの常識を覆す,様々なWebサービスが登場すると期待されます。

新たなエコシステムを形成していく、これからのWeb。それを実現するためには、以下の事項が重要となります。

  • 様々な課金により,健全な経済活動が行われていくこと
  • 開発ツールが整備され,効率的なサービス開発が可能なこと
  • リアルタイム性を活用した,新たなサービスモデルの登場

いずれも,これまでは不足していた項目で,Webが次の局面を迎えるにあたり重要なものばかりです。本稿では,これら3項目に関する講演について,レポートします。

あんどうやすしさん「Chrome Web Store入門」

プログラマーセッションのトップバッターは,Chrome API Expertのあんどうやすしさん。Chrome Web Storeについて講演いただきました。WebアプリケーションとChrome Web Storeの姿について,あんどうさんの様々な「妄想(!?)⁠を語っていただきました。なお,講演資料はこちらで公開されています。

画像

Chrome Web Storeは,Googleが Chrome ブラウザで展開している,マーケットプレイス。様々な Web アプリや Chrome 拡張を入手できます。主な特徴としては,以下の2点が挙げられます。

  1. Chrome限定のため,HTML5の機能をふんだんに使った,リッチなWebアプリを提供できる
  2. 様々な課金メニューが提供されており,Webアプリの販売が行える

そして,これは「Googleの考えている未来のWebを現している」という妄想が,最初に語られました。

まず,Webアプリについてです。⁠iPadを電子ブックリーダーとしてのみ利用し,発展していくと考えることを自然だと考える人は,まずいないでしょう。それは,iPadが様々なアプリケーションを利用できる環境であると認識されているため。一方,Ajax などにより Webアプリという言葉がもてはやされている中,作りはモザイクの時代からさほど変わることなく,類似のデザインパターンで提供されているWebページがほとんどです。これは,Webがドキュメントビューアーから始まり,人々は当初のままの認識でWebと対峙しているからでしょう」とあんどうさんは言及し,⁠iPadのような『高機能のWebが最初の出発点』だとしたら,Webアプリ開発はどのようになるか?という視点で,Webを見ていくことが大切。それにより,明確で主体的な目的をもち,オリジナリティーにあふれるWebアプリが登場するでしょう」という妄想を述べました。

次にマーケットプレイスです。マーケットプレイスであるためには,まず提供されるアプリが何であるかを簡単にユーザーに伝える仕組みが必要です。⁠その仕組を提供するのがマニフェストファイルです」とのこと。Webアプリにメタ情報が付与されることで,適切なWebアプリを効率的に見つけられるようになります。また,課金は重要な機能です。技術的に素晴らしくても,経済活動が回らないサービスは,消え去る運命にあるのが世の中の定め。Chrome Web Storeでは,様々な課金メニューが提供され,Webの経済活動を生み出すであろうとの妄想が語られました。

著者プロフィール

小松健作(こまつけんさく)

NTTコミュニケーションズ 先端IPアーキテクチャセンタ リサーチエンジニア。家系をこよなく愛するラーメン好き。元々はネットワークエンジニアだったが,Ajaxの登場以来,今後のサービスはWeb(Javascript)を中心に回ると確信。その魅力にとりつかれる。WebSocketに衝撃を受け,リアルタイムWebの到来を信じ,html5の世界に足を踏み出した。Google公認 API Expert(HTML5)。Microsoft Valuable Professional(IE)。好きな言語は,JavascriptとRuby。

Blog:http://blog.livedoor.jp/kotesaki/

Twitter:@komasshu

コメント

コメントの記入