エンジニアサポートCROSS 2014 レポート

「スマフォOS戦国時代」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2014年1月17日,新宿にあるベルサール新宿グランドにて エンジニアサポートCROSS 2014が開催されました。

本稿では,本イベントの一セッションであるスマフォOS戦国時代についてレポートします。

画像

セッション概要

本セッションは前半にTizen,Firefox OS,車,ウェアラブルデバイスといった新興分野のOS最新動向が発表され,後半で佐々木陽氏の司会の元,前半の発表者の方々がパネルディスカッションを行いました。

なお,本セッションはUstreamで視聴可能です前編後編)⁠是非あわせてご覧ください。

TizenやWearableデバイス OS最新動向

今村博宣氏は,TizenやWearableデバイス OSの最新動向について紹介しました

今村氏

画像

イベント前日にドコモからTizen発売を見送るというショッキングな発表があり,冒頭から「一言で言うとTizenはスマホ戦国時代に負けた」という過激発言からスタートしました。

Tizen

「TizenはMeeGoとLiMoという2つのLinux系OSの系譜を引き継いでいるということになっている」と話す今村氏。

しかし実際はTizenにはTizen Mobile(携帯電話向け)とTizen IVI(車載情報機器向け)という2つのプラットフォームが存在しており,Tizen 3.0で今後統一される予定です。ドコモが発売を見送ったのはTizen Mobileのほうであり,Tizenそのものがなくなったわけではないので注意が必要です。

Tizenの家系図画像

画像

Tizen Mobileの普及を推進しているのはTizen Assosiationという団体で,日本からは富士通,NTTドコモ,NTTデータグループが参加しています。一方Tizen IVIの普及を推進しているのはAUTOMOTIVE GRADE LINUXという団体で,国内からはデンソーや富士通,NEC,トヨタ等が参画しています。

Tizenの特徴はネイティブとHTML5の両方でアプリケーションを開発できることが挙げられます。今村氏は「今後HTML5の需要はますます高まってくると思われる。ぶっちゃけるとTizen携帯が普及することは考えにくいと思っている。普及するとすればTizen IVIのほうで,特に名古屋地区の動きは活発なので注目してください」と述べました。

Wearableデバイス

WearableデバイスはIoT(Internet of things)デバイスと独立系デバイスに分類でき,⁠IoTデバイスではクラウド連携のためLinux系のOS,特にFirefox OSやUbuntu Touch等がそうであるようにAndroidをベースにしたOSが使われることが増えていくのではないか」と今村氏は予想しています。これは半導体メーカーがAndroid用のデバイスドライバしか開発しなくなったことも背景にあるようです。

ピュアなLinuxの場合はYocto Projectというオープンソースプロジェクトを利用したLinuxが使われています。

IntelのARM系やQuarkもYocto Projectをベースとしており,IoTデバイスを開発する上でYocto Projectの理解は必須となってくるでしょう。

最後に,多様なOSが登場している中でもFirefox OSはフットプリントが小さいのでローエンド端末に対応できるのが狙い目だと締めくくりました。

PhoneGap最新動向

アドビシステムズ株式会社の開発エヴァンジェリストであるAndy Hall氏は,PhoneGapの最新動向について紹介しました。

Andy氏

画像

PhoneGap

PhoneGapとはHTML5でハイブリッド開発を実行できる開発基盤です。採用事例としてはビールにチェックインするUntappdが挙げられます。

iOS,Android,Tizenを始めとして,その他様々なプラットフォームに対応しています。開発環境はHTML・CSS・JavaScriptになっており,Backbone.jsやAngular.jsなどサードパーティのライブラリを併用することが可能です。

最新動向

PhoneGapの詳細は公式サイトをご覧いただくとして,最新のver3.3ではiOS7やAndroid 4.4(KitKat)への対応が実施されました。

また,3.0のメジャーリリースから設計を変更し,次の変更が加わりました。

  • デバイスのネイティブAPIにアクセスする機能をすべてプラグイン化
    • PhoneGapのコア部分が軽量・高速化されました。
  • 新しいCLI(コマンドラインインターフェース)⁠
    • CLIはNode.jsで実装されているため,Node.jsのインストールが必要となります。

サンプルアプリ作成

Androidアプリを作成する場合は次のコマンドを実行します。

# npmを利用してCLIモジュールをインストール
sudo npm install -g phonegap

# phonegapコマンドでアプリの雛形を生成
phonegap create myApp com.example.test MyApp
phonegap build android
phonegap install android

PhoneGapではビルドにローカル環境のAndroid SDKを利用するため,Android SDKを別途インストールして使用できる状態にしておく必要があります。

それ以外の方法として,Adobeはクラウド型のビルドシステムAdobe PhoneGap Buildを提供しています。こちらはクラウド環境でアプリのビルドを実行するというものです。なんと完全無料で使用できます。

phonegap remote login
phonegap remote build android

会場でのデモは回線の調子が悪く実行できませんでしたが,これだけの機能を無料で利用できるのはかなり嬉しいですね。

例えば,出先でラップトップを使ってサクッとソースコードを修正してデプロイ…といった場合に重宝しそうです。

ジョーク好きのAndy氏は,最後に「PhoneGapはどの部屋で始めますか? 居間(今)でしょ!」という駄洒落で会場を湧かせセッションを締めくくりました。

著者プロフィール

片渕真太郎(かたふちしんたろう)

モバイルエンジニア。

GitHub:hotchemi

コメント

コメントの記入