エンジニアサポートCROSS 2014 レポート

「BaaS 一問一答 千本ノック」「推しエンをプロデュース」スポンサーセッションレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

CROSSでは,ともすれば宣伝色が強くなり参加者・発表者ともにモチベーションが上がらなくなりがちなスポンサーセッションも,⁠スポンサー企業同士」でCROSSしていただいています。

テーマにはエンジニアにとって関心が高いと思われるものを選定することで,スポンサー企業同士が敵同士になり優劣をつけるのではなく,企業の特色・目的・志向の差異を鮮明にすることを目指しています。

これにより,スポンサーセッション自体がエンジニアにとって価値があるセッションになると同時に,スポンサー企業が自社の通常のブランディング活動以上にエンジニアリングに対する取り組みをアピールする機会になり,エンジニアとスポンサー企業の両方に価値を提供できるようにと考えています。

BaaS 一問一答 千本ノック

セッション「BaaS 一問一答 千本ノック」は,日本マイクロソフト株式会社様とニフティ株式会社様のスポンサーセッションです資料)⁠

画像

このセッションでは,まだサービスとしては新しいBaaS(Backend as a Service)の提供企業とその利用者による一問一答を通して,BaaSを利用することのメリット・デメリット,利用時の注意点,BaaSの選定ポイントなどを共有しました。利用者側からの質問や課題をノッカーの打球に,提供者からの回答や今後の展望を捕球とし,野球のノックにみなしてススメていました。課題や疑問が「一問一答形式」に切り出されて明確になったことで,参加者にとってもわかりやすく共有されたのではないでしょうか。

簡単ではありますが,提供者3企業,利用者2名のパネラーを紹介しておきます。

ノッカー(利用者)は両名とも株式会社ディー・エヌ・エーに所属されるエンジニアで,いくつかの理由から最終的には社内基盤を利用したものの開発時にはBaaSのひとつである「Parse」の利用を検討し,検証までされた経験を持っている沖津氏@okitsuと社内サービス用に特化したオレオレBaaSの開発を検討されている小林氏@nekokakです。

ノックを受ける捕手側としては3名,⁠Azure」のMVPでありマイクロソフトのBaaSの開発現場やプロダクトにとても詳しく,今回は日本マイクロソフト様から全幅の信頼を置かれての代打ちとして登壇された冨田氏@harutama)⁠日本では最初期に提供されたBaaSである「Kii cloud」のサーバ実装・Backend開発を経て,現在は全体のマネージメントをされている石塚氏,昨年末にリリースされたばかりの「ニフティクラウド mobile backend」の開発をされている野田氏です。

セッションでは「やはりまだまだ不安である」⁠丁度いい汎用性とは?」⁠さらには「BaaSは果たしてpayするのか?」など,まさにBaaSの核心とも言える質問が飛び出していました。それに対して提供側は,現在の取り組みや考えていることを真摯に回答していきました。

パフォーマンスを含めて不安

BaaSを検討している方々に共通だと思いますが,安定性・パフォーマンスの面でまだまだ枯れていないこともあり不安があるという質問に対して,野田氏は「まだまだ出したばかりのサービスではあり,本質的には汎用的なサービスなので,どのように使っているかを電話なりメールででも率直に教えてもらいたい」と答えました。

また,冨田氏は「Parse(という最初期にリリースされたBaaS)は海外のものであり,ネットワークの時間だけでも大きい。今後,日本に拠点があるBaaSを検討してもらいたい」とコメントしました。

ライバル企業は?差別化要素は?

ライバル企業や差別化要素を問う質問がありました。石塚氏はやはり「ライバルはニフティ社です。⁠BaaSは)フィーチャーがどこも同じになってしまう。差別化要因としては『中を見られるサービス』を考えている。利用時には実際に中でなにが起こっているのかログが見られるようにする」と答えました。ブラックボックス化して簡単に利用できるようにしつつ,中を知ることで改善を行うことができるようなBaaSにしていきたいという,利用者視点である雰囲気を感じ取ることができました。

一方,冨田氏からは「ライバルは企業ではなく,⁠不安だから,なんとなく』という理由で利用しない皆さんがライバルです」という,非常に重いメッセージが飛び出しました。⁠なんとなく」利用しない方々に対して,どのようにすれば利用してもらえるのかを考えるのが,今後のBaaSベンダー全体としても重要な課題として感じているようでした。

お客様対応と汎用性のバランスは?

会場から「お客様の声を拾うといっているが,BaaSの本質は汎用性であると思う。そのバランスについてはどう考えているか」という質問がありました。これに対して,3ベンダーとも「汎用的ではあるがその汎用的に提供する機能の選定においてお客様がどのように利用しているか,どのような機能を望んでいるかを聞くことを重要視している。ひとりのお客様のニーズが実際には一人ではない可能性があり,もしそうであればそれは汎用的な機能としてリリースする価値がある」という姿勢のように見受けられました。

まとめ

セッション開始当初は,⁠BaaSの利用時のノウハウが共有されるくらい」を想像していましたが,それ以上に深い「BaaSとは何か」を問うような質問により,図らずもBaaS業者の思いが伝わるセッションとなっていました。

ファールグラウンドすれすれのきわどい質問を考えてくださったノッカーの両名と,それに対して姿勢や考え方を隠すことなく泥まみれになりながらガチンコで回答をされた3名に深く感謝します。

著者プロフィール

森藤大地(もりふじだいち)

ニフティ株式会社 データマイニング/Webエンジニア

自然言語処理・言語発達のニューラルネットワークなどの研究を行った後,ニフティ株式会社に入社。レコメンデーションエンジンの設計開発などを行ない,現在,全社的なデータ保持・解析基盤の構築・データマイニング業務に携わる。興味の赴くままにHTML5,JavaScript,Node,MongoDB,Hadoop,OpenIDなどの勉強会に参加しつつ,日々開発業務を楽しんでいます。

Twitter:@muddydixon

コメント

コメントの記入