エンジニアサポート CROSS 2015 レポート

「WebエンジニアはIoTをどうあつかえば良いのか」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2015年はIoT元年とも言われ,Webエンジニアもハードウェアとは無縁ではいられなくなってきています。しかし,IoTやハードウェアの含む範囲はビジネスからテクノロジーまで広いです。具体的にはどんな技術やムーブメントがあるのか? そして今まで縁がなかったのに仕事で使うようなことになった場合,どうすれば良いのか? 疑問は尽きません。

2015年1月29日に横浜・大さん橋ホールで開催された,Web開発者向けの大規模勉強会エンジニアサポート CROSS 2015』⁠WebエンジニアはIoTをどうあつかえば良いのか?と題したセッションでは,長くハードウェアベンチャーに関わってきた岩淵技術商事⁠株⁠岡島康憲氏をモデレーターとして,ヤフー⁠株⁠でIoTを担当している椎野孝弘氏,ウェアラブルデバイスとモーションデータ解析サービスを提供する⁠株⁠Moff高萩昭範氏が上記のテーマについてディスカッションを繰り広げました。

本稿では,このセッションの模様をレポートします。

会場の様子

会場の様子

IoTの定義とは?

登壇者それぞれの自己紹介の後,最初にIoTの定義についてのディスカッションが行われました。モノのインターネット』と言うが,ネットワークにつなげばIoTなのか? サービスのモノ化ではないのか?」という岡島氏の問いに対して

「今ではIoTは抽象的な概念になっている。もうアメリカでは意味がない。実際にCESではIoTと言うのはほとんどない。分野に分かれ,やり方が違ってきている。具体的にやっていったほうが良いのでは?」

と高萩氏が答えると岡島氏も「IoTというのはタグ。僕も分野ごとに切り分けられているという感覚」と同意していました。

その後,椎野氏が「ソフトウェア文脈で考えると,Webとハードウェアと足すと新しい世界が出てくるのではないか? それがIoT。1足す1がAになる」と回答したのをきっかけに,話は昨年Googleに買収されたNest Labsに移って行きました。

「Nestはネットにつながることで,単なる遠隔操作でなく,たとえばそのデータを基にして先物市場に使えるのではないか,という話がでてきている。⁠岡島氏)⁠

「Nestはパートナーシップを発表した。スマートロックのスタートアップが『我々がNestのパートナーシップに選ばれた』と誇らしげに語っていた。スマートホームはNestとSmartThingsの二強になるのではないか? アメリカではNestがかなり売れているし,イケている印になっている。アメリカはNestで決まりではないか?(高萩氏)⁠

「Nestが発売されたときに入手して分解したら,他のデバイスとの連携を考慮した設計になっていた。明らかに最初からプラットホームを視野においている。⁠岡島氏)⁠

岡島氏

岡島氏

「プラットホームは裏で立ち上がっている。たとえばAppleのHomekit。どうやって出し抜くか考えている状況。⁠椎野氏)⁠

著者プロフィール

萩原崇之(はぎわらたかゆき)

自宅警備の傍らコードを書く毎日。最近は電子工作にも心が傾いている。夢は誰もが宇宙旅行に行く世界。

twitter:takayuki_h
blog:http://d.hatena.ne.jp/kagigotonet
google+:https://plus.google.com/115287053726902051396/

コメント

コメントの記入