エンジニアサポート CROSS 2015 レポート

「Webアプリケーションから機械学習まで ~ PythonとPythonコミュニティの2015年大展望 」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

去る1月29日(木)に通算4回目となる「エンジニアサポートCROSS 2015」が開催されました。本レポートでは、Webアプリケーションから機械学習まで~PythonとPythonコミュニティの2015年大展望の当日の様子をお届けします。

はじめに

このセッションでは⁠株⁠ALBERT池内孝啓氏がオーナーを努め、各Pythonコミュニティのコアメンバーである次の方々が登壇しました。

池内孝啓氏

池内孝啓氏

セッションでは,各テーマに応じてコミュニティの方がプレゼンを行い,そこからディスカッションを進めていく方式でした。それぞれのコミュニティの成り立ちから今後の展開,また各テーマに関する技術について熱いトークが繰り広げられました。

当日のセッションの動画やTwitterのまとめなどは,次のURLから閲覧可能です。是非併せてご覧ください。

Python.jp

まず最初のテーマである Python.jpについて石本氏が発表を行いました。Pyhton.jpは,2001年9月に開設され,またメーリングリストはその3年前である1998年に開設したと紹介がありました。

石本敦夫氏

石本敦夫氏

次にPython.jpのコンテンツに関しての説明になり,もっともアクセス数が多い日本語版Pythonドキュメントまたニュースページイベントページの紹介を行いました。

日本語版PythonドキュメントはPythonドキュメント日本語翻訳プロジェクトで翻訳を行っており,いつでも翻訳者を募集しているとのことです。またPython関連のイベントや,Pythonを使用した製品のリリースなどを紹介したい場合には,サイト上の登録フォームへから応募をしてくださいと案内がありました。またPython.jpのコンテンツは GitHubにソースを上げており,修正したい部分や,イベント,ニュース情報の追加などはプルリクエストでも受け付けていると案内がありました。

次にサイトの利用者数について,実際にグラフを見せながら説明を行いました。サイトの利用者数は3年前と比べると160%増加しており,また年20%位ずつ利用者が増えているそうです。最近ではデータ処理や統計関連の分野で利用が増えている印象だと述べました。

今後のPython.jpの予定としては,企業からの求人情報を掲載したり,メーリングリストの改善を行っていきたいと述べました。改善のアイデアを募集しているそうで,ぜひ良い案があればご連絡くださいと述べました。

ディスカッション

ディスカッションでは,Python.jpの具体的なコミュニティ活動の内容や,新しいコミュニティとの関わり方などについて議論がありました。Python.jpのようなコミュニテイサイトの運営は,なかなか難しく,ここ10年くらいは主に石本氏が1人で運営しているそうです。また以前はメーリングリストを中心として他のコミュニティと繋がっていたが,これからは新しいツールを活用していきたいと述べました。他のメンバーからはPython.jpがハブになると良いのではという提案もありました。後半では石本氏がPythonを使用するきっかけや,なぜPythonを使用しているかという話題になり大変盛り上がりました。

著者プロフィール

関根裕紀(せきねひろのり)

複数のスタートアップにて,さまざまなWebアプリケーション開発に携わったあと,アライドアーキテクツ(株)に入社。業務では主にWebサービスの開発全般を担当している。5,6年ほど前にPythonを使用して以来,Pythonが好き。PyCon JP 2015 副座長(プログラム),また月に一度の勉強会である「Pythonもくもく会」を主催している。

Twitter:@checkpoint

コメント

コメントの記入