エンジニアサポート CROSS 2015 レポート

「超高齢化社会到来!介護の現状とこれから我々IT業が出来る事とは?」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

イベントの概要

2015年1月29日(木)に,横浜みなとみらいにある大さん橋ホールにて「エンジニアサポートCROSS 2015」が開催されました。本稿では,イベントセッションである「超高齢化社会到来!介護の現状とこれから我々IT業が出来る事とは?」についてレポートします。

セッションのはじまりに

本セッションは,CUPA理事でもあり,初代JAWS会長のセッションオーナーの竹下康平氏の司会のもとはじまりました。

竹下康平氏

竹下康平氏

セッションの冒頭,竹下氏は参加者に向かって,今日は次のことを持ち帰って欲しいと言いました。

  • 我が国の高齢化の現状を知る
  • 介護を知る

本日持って帰ってほしい事

本日持って帰ってほしい事

これらにより,エンジニアとして何が出来るか,ちょっとでも考えることをして欲しいということです。

エンジニアの介護に関する知識・意識の実態

スピーカーである飯塚裕久氏は会場へ呼びかけて挙手のアンケートを取りました。

  • 「身近に介護が必要になったときに,どこに相談すればよいか知っている人」⁠
    • 結果4名。
  • 「介護のサービスの種類は大体分かっている人は何人ですか? だってみんないずれはお世話になるよね?」⁠
    • 結果2名。

このように,参加のエンジニアは介護のことをほとんど知らないという現実の確認からセッションは始まりました。

飯塚裕久氏

飯塚裕久氏

我が国は他国に類を見ないスピードで超高齢社会に突入する

セッションオーナーの竹下氏は,介護のエバンジェリストであると飯塚氏を紹介しました。飯塚氏は,都内文京区で介護サービスを運営しています。また,介護を題材とした人気漫画「ヘルプマン」の第23巻注1の表紙のモデルにもなったと言うことです。

注1)
ヘルプマンの第23巻は起業編と題して,介護サービスを起業して始めることをテーマに書かれていますウィキペディアより)⁠

飯塚氏は,日本の近い将来の介護問題を次の様に説明しました。

  • 来る2025年には超高齢社会に日本が突入する。しかも,他国に類を見ないスピードで突入することになる。
  • 日本国民が総力戦でその社会を乗り切らなければいけない。介護保険の計画では,IT技術に期待されている事が明確に示されている。
  • しかしながら,一方では,ITに頼らず人海戦術でしか対応ができないであろうという計画も垣間見られている。

著者プロフィール

次田芳尚(つくだよしなお)

介護現場で相談員として働く。

35歳で独立起業し,介護現場にITををテーマに活動。

介護サービスのIT化支援や介護サービスの運営支援のコンサルテーション活動を行っている。

iPadを使った介護記録の導入を得意とする。

Webサイト:http://www.care-lab.jp/wp/

Twitter:@tsukudany

Facebook:https://www.facebook.com/yoshinao.tsukuda

コメント

コメントの記入