エンジニアサポート CROSS 2015 レポート

「デザイナーからのラブレター ~デザイナーが本音で話すエンジニアとの新しいカンケイ~」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2015年1月29日(木)⁠横浜港大さん橋ホールにてエンジニアサポートCROSS 2015が開催されました。本稿では,本イベントの一セッションであるデザイナーからのラブレター ~デザイナーが本音で話すエンジニアとの新しいカンケイ~についてレポートします。

なお,本セッションの感想はTogetterにまとめられています。

セッション概要

本セッションでは,スタートアップ/ベンチャーで活躍しているWebデザイナー/フロントエンジニアが集まり,パネルディスカッションを実施しました。テーマはずばり デザイナーとエンジニアの関係性

デザイナーの業務領域は日々拡大しており,エンジニア顔負けにGitを使いこなす人もいます。逆に,エンジニアと言えどフロントエンド制作に触れる機会が増えてきており,デザインと無関係ではいられません。

お互いの担当範囲が不明確となりつつある昨今,両者の理想の関わり方に関して熱い議論が繰り広げられました。

スピーカーの自己紹介の後スライド)⁠セッションオーナーの藤崎祥見氏⁠株⁠キッチハイクは以下の4つを本セッションのテーマとして提示しました。

  • 相手を理解する
  • コミュニケーションについて学ぶ
  • 成功パターンを知る
  • 理想の関係

藤崎祥見氏

藤崎祥見氏

相手を理解する

1つ目のテーマ「相手を理解する」では,デザイナーの仕事へのこだわりや考え方について,トークが繰り広げられました。

⁠株⁠nanapiの木村真理氏は「デザインは情報の塊として捉えていて,最適な見え方を常に追求してpx単位でこだわる」とコメント。またそのアプリ(サービス)がユーザのどういう課題を解決するかという事を重視している。と言う事で,デザイン制作に留まらない目線でサービスを捉えているのが印象的でした。

木村真理氏

木村真理氏

⁠株⁠Fullerの櫻井裕基氏は,⁠ユーザの立場に立って考える事を重視している。最近はデザインと機能が別れてしまっているものが多いが良くないと思っている。機能美とはデザインと機能が融合している事」と元エンジニアらしい意見を披露。エンジニアと楽しくやれる事も重視しているそうです。

櫻井裕基氏

櫻井裕基氏

⁠株⁠サイバーエージェントの新妻里夏氏は,⁠デザインは勿論だが,説明文や文言に関してもこだわりを持っている。キャンペーンの文言などはユーザにとって理解しやすいものになるまで練り直す。デザインのゴールは伝える事。伝わりやすい仕組みを作るのがデザイナーの仕事と語っています。エンジニアからするとデザイナーは華麗なデザインを作成するというイメージがありますが,それだけでなくマクロな視点でデザインを捉えているという事を認識させられました。

新妻里夏氏

新妻里夏氏

⁠株⁠LIGの堀口誠人氏は「デザイナーのこだわりは人によって違うかもしれない。デザインの際にはなるべく迷わないよう,黄金率やフレームワークなどを適用していくようにしている」とノウハウを披露。

堀口誠人氏

堀口誠人氏

デザインの黄金率に関してはサイバーエージェントクリエイターブログのデザインは8の倍数でできているという記事に詳しい情報が載っています。

総じて,デザイナーは視覚的なデザインのみならずサービスのユーザに対する価値に対してこだわりを持っているという事が伝わってきました。

著者プロフィール

片渕真太郎(かたふちしんたろう)

モバイルエンジニア。

GitHub:hotchemi

コメント

コメントの記入