de:code 2019――Microsoftが目指すテクノロージと未来の社会

後編:AIが支えてくれる日常生活に向けて~AIアシスタント活用の勘所

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

既存サービスをAIアシスタント対応する際の勘所

今回のde:code 2019では,テクノロジーによる社会変革が1つのテーマとして,さまざまなセッションや展示が行われた。後編では,その中から5月30日に行われたブレイクアウトセッション「既存サービスをAIアシスタント対応する際の勘所」を取り上げる。

声を使って,もっと便利な生活を

このセッションは,Microsoft Corporation, Developer Relation Cloud + AI Cloud Developer Advocateの千代田まどか氏と,Google Developers Expertの田中洋一郎氏によるトークスタイルで進行した。

2人が知り合ったきっかけ,2018年のNDC Sydneyとのこと。このカンファレンスで千代田氏が発表することになり,発表資料のレビュワーを探している際に田中氏とつながりができたそうだ

2人が知り合ったきっかけ,2018年のNDC Sydneyとのこと。このカンファレンスで千代田氏が発表することになり,発表資料のレビュワーを探している際に田中氏とつながりができたそうだ

AIアシスタントで便利になる世の中へ

まず,冒頭では千代田氏がCUI,GUI,VUIとこれまでのUIの変化を振り返った。それを受けて田中氏が会議室予約というシチュエーションにおいて,VUI(ボイスユーザインターフェース)を活用した声による予約のデモンストレーションを行った。

実演後「今回のセッションでは,今,AIアシスタントに対応しなきゃという状況に直面したときに,⁠何を知っていて⁠⁠何をすれば良いか”,その勘所をお持ち帰りください」と,このセッションのゴールを設定した。

今回は田中氏がテクニカルな面を図解とともに説明し,千代田氏が聞き手に回る,壇上での対話形式で話が進み,途中,デモンストレーションも行われるなど,聞き手にもわかりやすい進行となっていた

今回は田中氏がテクニカルな面を図解とともに説明し,千代田氏が聞き手に回る,壇上での対話形式で話が進み,途中,デモンストレーションも行われるなど,聞き手にもわかりやすい進行となっていた 今回は田中氏がテクニカルな面を図解とともに説明し,千代田氏が聞き手に回る,壇上での対話形式で話が進み,途中,デモンストレーションも行われるなど,聞き手にもわかりやすい進行となっていた

2017年,日本でもAIアシスタント(当時はスマートスピーカという総称で呼ばれることが多かった)が発売され,2018年に入り,⁠デバイスとしての)AIスピーカのある風景が増えてきた。一方で,そのテクノロジーを活用したサービスやアプリケーションの開発はまだまだ立ち上がったばかりと言える。

今回のセッションは,そういった新しいサービスやアプリを開発する人に向けて,最終ゴールに迷わずに近づくためのヒントが見つけられるという内容で構成されていた。

2019年時点での勘所は5つ

今回,田中氏からはVUIサービス・アプリ開発にあたって次の5つのポイントが紹介された。

  1. サーバ分割&柔軟性
  2. AIアシスタントの仕組み
  3. Voice User Interfaceの設計方法
  4. 自然言語処理の方法
  5. ユーザ認証認可(OAuth2)

今回,これらの5つのポイントについて,改めて紹介する。

①サーバ分割&柔軟性

現在,世の中にあるサービスやアプリはスマートフォン(スマホ)およびWebを前提としたものが中心となっている。その多くがGUI(グラフィカルユーザインタフェース)が前提で,基本的にはHTTP GET/POSTとHTML/JSONの通信で行われる。つまり,GUIの場合は,⁠入力の数が複数あったとしても)1回のやり取りで処理が完結できる。しかし,VUIの場合,対話の回数だけやりとりが発生する。

これは現段階でのGUIとVUIを比較した場合,GUIは情報が構造化され処理の要求が明確であることに対し,VUIはユーザからの入力が明確になりづらいことに起因する。

そのため,今,VUIのサービスやアプリを開発する場合は「各クライアントに応じた入出力形式」⁠各クライアントのリクエスト特性に応じたハンドリング」が必要となるため,特性の異なる要求を1つのサーバで処理するのは非効率になってしまう。

その解決法として,田中氏は「GUI用/VUI用それぞれでサーバを準備することで,効率的な対応ができます。つまり,サーバを分割しておくことがポイントとなります」と説明した。

②AIアシスタントの仕組み

次にAIアシスタントの仕組みである。AIアシスタントとは,会話により目的を達成してくれるテクノロジである。

この仕組みを理解しておくことで,たとえば,機能に関してはAuzre FunctionsやAzure WebAppを利用して開発ができる他,入力に関してはSpeech to Text/Text to Speechが活用できるようになる。

このように,AIアシスタントの活用=会話で処理するという仕組みを理解すれば,Microsoft Azureをはじめ,既存のテクノロジを活用して目的を実現できるようになる。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/