ET2009(組込み総合技術展)レポート

ET2009(2)――リアルタイムOS,マイクロプロセッサ,開発支援,DLNAにも注目

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

昨日に引き続きET2009のエキシビジョンホールを中心に,いくつかの展示を紹介していく。

アドバンスドデータコントロールズ

アドバンスドデータコントロールズ(ADaC)のブースでは,INTEGRITYというリアルタイムOSとそのソリューション一式が展示されていた。INTEGRITYは,Green Hills Software社のリアルタイムOSであり,非常に信頼性の高いカーネルが特徴だそうだ。組込み分野でも,信頼性や可用性が求めらる分野での実績が高い。アドバンスドデータコントロールズは,日本での独占権を持つ代理店だ。

日本ではまだなじみがないかもしれないが,本社のある米国では,FA分野など堅牢性が要求される領域での採用が多い。リアルタイムOSでありながら,ネットワークセキュリティに対してEAL 6+の評価を得ているそうだ。カーネルはマルチコア(SMP方式)と仮想化にも対応し,デバッガやテスト,ソースコード解析など各種ツール,開発環境もINTEGRITYという統一ブランドで供給される。

日本では,高信頼性の領域だけでなくコンシューマ系の機器にも展開していきたいそうだ。

図1

画像

図2

画像

図3

画像

ARM

携帯電話やAndroid端末などのプロセッサとして市場を伸ばしているARMのブースではハイエンド端末やデジタルエンタテインメント機器向けのマイクロプロセッサの展示が目を引いた。Coretex-A8はスマートフォンやモバイル情報端末など,オープンプラットフォーム系のOSや上位アプリケーションの実装に向くプロセッサだ。会場でもA8プロセッサの評価ボードにLinuxをインストールし,ほとんどPCと同じようなアプリケーションを動かすデモが行われていた。

もうひとつの目玉は,A8に続くCoretex-A9プロセッサの展示だ。クアッドコアのマルチプロセッサ対応の高性能機器向けのチップだが,これにもLinuxがインストールされさまざまなアプリケーションを動かしていた。まだ試作段階ということでチップは仮のパッケージだそうだが,搭載された液晶画面には,普通のPCのように多数のウィンドウが開いて,アプリケーションが動作していた。

プロセッサが高機能になってくると,当然デバッグツールや開発環境も重要となってくる。同じブースではRealView Development Suiteによるハードウェア/ソフトウェアの並行開発をサポートするARM Fast Modelsというモデルライブラリのデモも行われている。デモでは,Windows CE6.0 R3をシミュレーションし,アプリケーションの開発を行うという状況が再現されていた。

図4

画像

図5

画像

図6

画像

図7

画像

キャッツ

組込みシステムの開発支援,CASEツールの展示を行っていたのはキャッツのブースだ。同社は「ZIPC」という開発ツールが主力製品のひとつだが,状態遷移図をグラフィカルに作図しながら,実際のプログラムコードを生成するというツールだ。

キャッツでは,ZIPCの新しいバージョンとなるV10の展示に力を入れていた。ZIPC V10は2010年1月にリリースされる予定だそうで,旧バージョンからの改良点は,派生開発を簡単に(アサート機能)⁠複数インスタンスのシミュレーション機能などとなっている。

派生開発とは,同じソフトウェアの高機能版と廉価版を開発するような場合に,別々のプロジェクトを管理するのではなく共通部分などをまとめて管理できるようにし,グループ開発は複数のプログラマが同じソースコードやプロジェクトを同時にデバッグするための機能となる。複数インスタンスのシミュレーションは,通信プログラムなどの開発で送信側,受信側のインスタンスを同時に起動し,通信させながら開発を支援する。

デモでは,Android端末(HTCのスマートフォン)で,オーディオプレーヤーを開発するというもので,ボタン操作の状態遷移図から,実際の画面の動作を実機で確認しながら開発する様子を見せていた。写真でケーブルがすべて写っていないが,スマートフォンからのケーブルはそのまま奥のPCに接続され,そこでプログラムを生成し,実機で操作しながらデバッグができるようになっていた。

ところで,ZIPCで生成されるプログラムはC言語だけでなく,Android端末でデモしているようにJavaのコードも生成可能とのことだ。

図8

画像

図9

画像

図10

画像

著者プロフィール

中尾真二(なかおしんじ)

1961年生まれ。ハードウェア・コンピュータ技術者からアスキーに転職し,およそ10年ほど技術書籍・雑誌の編集に携わる。その後,オライリー・ジャパンで5年ほど企画・編集に従事。編集長時代に当時の日本法人社長とケンカしてクビに(笑)。現在はRBB TODAY,レスポンス他でニュース,コラムなどを編集・執筆。

コメント

コメントの記入