「FITC Tokyo 2009」詳細レポート

#1 Lee Brimelow氏「Sneak Peek of Max 2009」Flash CS5などの新機能の紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

11月28日,ベルサール汐留にて,FITC Tokyo 2009が開催された。FITCはトロントをはじめ,シカゴ,ハリウッド,韓国,アムステルダムにおいて成功を収めたデザイン・テクノロジーイベント。今回待ちに待った日本上陸ということで,500名近い来場者で会場は活気に満ちあふれていた。

本稿では,FITC Tokyo 2009の模様をレポートする。

Sneak Peek of Max 2009 - Lee Brimelow氏

ひとつめのセッションは,Adobe社のプラットフォーム・エバンジェリストであり,Flashのビデオ・チュートリアルサイトgotoandlearn.comで世界的にその名を知られているLee Brimelow(リー・ブリムロー)氏が登壇。10月5~7日の3日間に渡ってロサンゼルスで開催されたAdobe Max 2009で公表された,Flashに関する最新情報を発表した。

写真1 FlashCS5に関して説明する,Lee Brimelow氏

画像

Flash Professional CS5の新機能

まずは,⁠CS4では,アニメーションエンジンをはじめ,様々な機能が追加された。今回のCS5でも,より魅力的な機能が追加されている」とし,Flash Professional CS5に関する情報が公表された。以下では,発表された内容について紹介する。

iPhoneアプリ書き出し
iPhoneアプリを,Flashで制作できるようになった。この機能を用いることで,WindowsでもiPhoneアプリの制作が可能になる。
アクションパネルの改善
ビルトインクラスはもちろんのこと,カスタムクラスを読み込んでコードヒント表示が可能。
Text Layput Framework(TLF)
FlashPlayer 10から搭載された,国際言語に対応する新テキストエンジン。CS4ではActionScript からのアクセスがサポートされていたが,CS5ではプロパティインスペクタに実装されマルチカラムや縦書きなど,より細かな書式の設定が可能となる。従来のテキストエンジンはClassicTextとして選択可能。
デコツールの強化
いくつかのブラシが追加された。また,ブラシはJavaScriptで表現されているため,ユーザーが拡張可能。
コンパイルエラーパネルの改善
より見やすく刷新され,エラー何個,警告何個というようにわけて表示されるように。
XFL
flaに変わる新ファイルフォーマットとして,xflが実装。Flashファイルがオープンフォルダとして保存され,ライブラリ内のアセットを自由に差し替えることが可能になった。また,XMLによってFlashのトゥイーンやテキストフィールドの文字など,全て格納されているため,自動化がしやすくなる利点も。
コードスニペットパネル
コードをパーツ,スニペットとして登録・呼び出しが可能になる。テンプレートとして活用することができる。いくつかのコードは,Adobeからも提供されるようだ。
FlashBuilderとの連携強化
新規にクラスを作成する際,FlashBuilderが選択できるようになった。インストールされている場合は,FlashBuilderが自動的に立ち上がる。
コンポーネントインスペクター
CS4まではコンポーネントのパラーメータを制御するパネルとして,コンポーネントインスペクターパネルを使用してきた。CS5では,この機能がプロパティパネルに組み込まれる。
フォントの埋め込み強化
使用しているフォントの一覧やその変更など,いままでテキストフィールドごとに作業していたフォント周りの設定をフォント埋め込みパネルで一括に管理することが出来るようになった。
FLVPlayBackのステージ上での再生
今までのFLVPlayBackコンポーネントは,Flash Professionalのステージ上では再生することができなかった。この機能が実現したことで,再生しながらプロパティの細かな調整などが可能になった。

写真2 Text Layput Frameworkを利用することで,テキストの扱いが容易になる

画像

注目はiPhoneアプリのコンパイル

なんといっても,CS5での注目の機能はiPhoneアプリをコンパイルできることにあるだろう。会場では,実際にFlashでサンプルを作り,iPhoneアプリにコンパイルするデモが行われた。Apple Developer Programへの登録や,サーティフィケーション・プロファイルの取得などが別途必要になるが,WindowsからでもiPhoneの開発が可能になるのは驚愕であり,多くのデベロッパーにとっては魅力的であることは間違いないだろう。

写真3 Flashでiphoneアプリをコンパイルするときの概念図

画像

App Storeでは,既にFlashでコンパイルされたiPhoneアプリが販売されており,その一部が紹介された。

これらの機能を実装したFlash CS5は,バージョン初のパブリックベータが,年末に予定されているという。気になるユーザーはチェックしてみるとよいだろう。

写真4 Flashを利用したiphoneアプリをデモ

画像

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入