「FITC Tokyo 2010」詳細レポート

#2 Andre Michelle氏「拍動性クラックル」&Tom Higgins氏「Unity入門 − ハイクオリティ・インタラクティブ・3Dコンテンツ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

引き続き,12月4日に開催された,FITC Tokyo 2010のレポートをお届けする。

Andre Michelle氏「拍動性クラックル」

Andre Michelle(アンドレ・ミシェル)氏は,ドイツのコロンで活動しており,3年前からaudiotool.comの開発を続けてきた。audiotool.comは,エフェクターやシンセサイザーなどををリアルに組み合わせ,実際の制作に非常に近い形で楽曲を生み出せる。日本でも話題になったことは記憶に新しい。

写真1 Andre Michelle氏

画像

はじめに音の合成の基礎を解説した。音を数値化してビジュアライズすることが基本となる。オシロスコープを想像するといいだろう。音は様々な波形をもち,その中でもサイン波(正弦波)は有名であるが,氏はサイン波に関して"音の原子"だと述べていた。サイン波を数値化しアウトプットしたときの音は,ほかの倍音がない状態なのである。我々が本来聴いてる音で例えばピアノのように聴きなれた音でも,人間には認知できないだけで実際には複数の倍音によって成り立っているのだ。サイン波をアウトプットしたときの音は倍音がそれのみの純粋な状態であり,つまり原子なのである。

他にもビジュアライズされた音として,三角波やノコギリ波,矩形波,ノイズを紹介。ノイズとは"想像しうる周波数がすべて入っている状態"であるという。

写真2 音のビジュアライズ化

画像

こうした音の波形を,フィルタリングすることで様々な形に変えることもできる。ローパスフィルターは,鋭角な音波すなわち高周波をスムーズにする場合に用いられる。逆に低周波を減衰させることをハイパスフィルターを用いるという。

デジタルサウンドは,なにもいかにもな電子音だけではない。KARPLUS-STRONGアルゴリアズムを応用することで,弦楽器の音色もシュミレートすることができる。現実のギターではできないことでも可能になるとして,実際にサンプルを紹介。氏は,こうした音のマニピュレーションはディレイ(音の反響)が基本となっており,ディレイを理解すればフランジャー,エコー,リバーブなど多くのエフェクトを自在にできる説明した。

写真3 ディレイを使ったマニピュレーション

画像

音の合成のアルゴリアズムとしてFFT(フーリエ変換)を利用したサンプルを紹介。⁠あらゆるサイン波は一つのサイン波に再構成することができる」と語る。波形を合成することでシームレスな音の合成が可能になり,よりイキイキとした音色になるという。

写真4 FFTを利用した音の合成

画像

また,氏は物理学と音の関係と連携についてFlashを用いて10年間研究を続けてきたことを踏まえ,⁠一般の人が特に勉強しなくても,音のプロのようになれるのは素晴らしいことだと感じている」と述べ,日々10年間制作してきた作品の一部を紹介。

紹介されたサンプルではオブジェクトがぶつかると音を奏でるシンプルなものから,ユーザーが実際に触れるものまでさまざまだ。特に,物理エンジンを利用した表現に熱心な氏は,物理法則とランダム性から生まれる音のパターンとリピートを突き詰めたいとしている。

写真5 物理エンジンを利用して音を出すサンプル

画像

そんな氏が3年にわたり開発を続けているaudiotool.com。本イベント開催の3日前にはなんとこのサービスで作られた楽曲のアルバムが発売されたということなので,ぜひ視聴してみてはいかがだろうか。

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入