ジオロケーション時代の幕開け――ジオロケーション・カンファレンスレポート

第2回 注目のジオロケーションテクノロジー――Google Fusion Tables,OpenStreetMap,MapQuestProgram

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,Google Geo Developer Advocate,Mano Marks氏,OpenStreetMapに関わるSteve&Hurricane Coastご夫妻のセッションをレポートします。

(本文)

Easy Mapping in the Cloud: New features in the Google Maps API and Fusion Tables(クラウドで簡単にマッピング:Google Maps APIの新機能とFusion Tables

Google Geo Developer Advocate Mano Marks 氏

Google Geo Developer Advocate Mano Marks 氏

Google Geo Developer Advocateを務めるMano Marks氏は,その肩書のとおり,Googleのジオロケーション技術の専門家です。冒頭でGoogle Maps APIを紹介した後,今,注目を集めるGoogle Fusion Tablesに関する解説を始めました。

Google Fusion Tables。KMLなどのデータを利用してさまざまな地図の生成が行える

Google Fusion Tables。KMLなどのデータを利用してさまざまな地図の生成が行える

Google Fusion Tables誕生の経緯

「私を含め,エンジニアにとってGoogle Maps APIはとても扱いやすく,ジオロケーション開発をするための技術として最適と思っていました。そのため,エンジニア以外のユーザにも当然のように使ってもらえると思っていたのですが,エンジニア以外の人間にとっては扱いやすいどころか難しいということがわかりました。そこで,どうすればいいかを考え,導き出されたのが,Microsoft Excelをはじめとした⁠スプレッドシート⁠と同じ操作方法にすることでした。そして生まれたのが,この⁠Google Fusion Tables⁠です」と,Mano氏はGoogle Fusion Tables誕生の経緯を述べました。

この説明にもあるように,Google Fusion Tablesは,表形式のデータを準備すればリッチな表現の地図を作成できる技術です。操作方法は非常に簡単で,必要なデータを用意してアップデートした後,ビジュアライズボタンをクリックすれば完了となります。

日本地図を作成したところ。人口の多さによって色を変えている

日本地図を作成したところ。人口の多さによって色を変えている

Storyline(筋書き)の地図化。この例では,ある地域の地図に対してニュースを紐付けている。このように,その場所に対しての筋書きを盛り込むこともできる

Storyline(筋書き)の地図化。この例では,ある地域の地図に対してニュースを紐付けている。このように,その場所に対しての筋書きを盛り込むこともできる

エンジニアのためのGoogle Fusion Tables

このように,ユーザ視点で見て非常に扱いやすいGoogle Fusion Tablesですが,⁠エンジニアにとっても大変便利だ」とMano氏は述べます。

Google Fusion Tablesの扱い方は,大きく,

  • Read-only(読み込み)
  • Write(書き込み)

の2つに分けることができ,Read-only(公開地図)では,Google Maps APIをFusion Tablesレイヤで利用したり,HTTP GETをSQLライクのクエリで利用することができます。一方の,Write(認証が必要な地図)では,クライアントライブラリや,OpenDataKitやApp Inventorを使ってデータコレクションを実現できます。このように,さまざまなパラメータをコントロールできるため,非常に柔軟なカスタマイズができるのが,Google Fusion Tablesの特徴です。

Google Fusion Tablesは,サイズ制限やクエリ制限のある無償版に加えて,制限を外せる有償版アカウントも用意されています。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

ジオロケーション時代の幕開け――ジオロケーション・カンファレンスレポート

コメント

コメントの記入