エンジニアが今いちばん知りたいことに答えるイベント「MANABIYA -teratail Developer Days-」レポート

#1 あなたも実はインフラエンジニア?インフラエンジニアの現在と未来を語る「CrossSession インフラ」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ITエンジニア特化型Q&Aフォーラムteratailが主催となり,2018年3月24,25日の2日間に渡り開催された「MANABIYA -teratail Developer Days-」では,ITエンジニアの問題解決カンファレンスをテーマに「疑問」を主題としたセッションが多く実施されました。その中からインフラの各セッションの登壇者達を交えたパネルディスカッション「CrossSession インフラ」のレポートをお送りします。

さくらインターネット田中氏と登壇者のコラボレーション

このパネルのモデレーターは,さくらインターネット株式会社代表取締役社長の田中邦裕氏が担当。パネラーとしてTreasure Dataの田籠聡氏,株式会社メルカリの長野雅広氏,さくらインターネット株式会社テクノロジー・エバンジェリスト前佛雅人氏が参加します。

画像

セッションでは「そもそもインフラエンジニアとは何をする人なのか?」から「これからのインフラエンジニアがやるべきこととは?」まで,40分の短い時間で濃厚な議論が行われました。

壇上に高い椅子を設置しているため,⁠ちょっと高くて怖いな」とリラックスした表情で登場する登壇者の面々。左から前佛氏,長野氏,田籠氏,田中氏

壇上に高い椅子を設置しているため,「ちょっと高くて怖いな」とリラックスした表情で登場する登壇者の面々。左から前佛氏,長野氏,田籠氏,田中氏

田中:皆さんこんにちは。さて,インフラはどんどんレイヤーが上がってきました。線を挿すとかブレードを挿すなどだけではなく,分散処理なんかまでインフラと表現しますね。一言にインフラエンジニアと言ってしまっていますが,まずはパネラーの方々に軽く自己紹介や,どのようなことをやっているのか聞いてみたいと思います。

田籠:トレジャーデータでは分析基盤の分散処理をお客様に提供しています。前職であるLINEに入ったときはインフラで障害担当などしていました。今もインフラ分散処理とか,下のリソースをどう使うかの毎日です。

長野:インフラエンジニアではなくSRESite Reliability Engineeringとして働いています。この呼称はこだわりなんですよね。メルカリのSREはサービスの信頼性を上げていく事を行っています。常に使える,常に繋がる,常に快適であるという事を実現させています。なので下から上のレイヤーまで,インフラからフロントエンドまで触ることが多いです。

前佛:さくらインターネット株式会社で,かつてはデータセンターのエンジニアでした。2020からプログラミング教育が始まるので,石狩の小学校で教育に関連した仕事もしています。

田中:集まっている皆さんはどのような方なんでしょうか。SI? Net? それ以外?

(それぞれ同じぐらいの割合で挙手)

田中:では,自分はインフラ/SREだよという方はどれぐらい居ますか?

(7割ぐらい挙手)

田中:結構多いですね。ではさっそく皆さんにお話を聞いてみたいと思います。ずばり「インフラってなんですか?」です。

田籠:10年前はサーバ,ロードバランサーなどそのあたりの領域を示していましたが, 最近は定義が変わって,直接サービスをサーブするコード以外はインフラでも良いかな,と思っています。 その会社の基礎となる部分はインフラであると。コンテナ,仮想,データベースもまるっと入っている印象です。

田中:メルカリも一緒ですか?

長野:そんなに違いはないですね。ただ個人的には電気/ガス/水道など,その人たちがいないと動かないもの,つまりは生活やサービスで必要なものを維持・継続する人たちのことをインフラエンジニアと表現するのだと思っています。メルカリのSREは,それをソフトウェアエンジニアリングでもっと快適にすることという位置づけですね。

田中:それはインフラという大枠の中の一部ですか? それとも別個のものだけど重なっている所があるイメージですか?

長野:日本で言われるインフラエンジニアは,海外だとシステムエンジニアと呼称されています,SREはシステムエンジニア+ソフトウェアエンジニアだと表現するとしっくり来ると思います。

田中:SREはそれを両方こなせないと出来ない?

長野:全てできる必要は無いですが,やはりなんらかのインプリメントがないとできません。

田中:前佛さんは昔Dockerをいろいろやってたのに,なんでインフラエンジニアになったんですか?

前佛:めんどくさいことをしたくない,障害対応で泊まり込んだりせずに早く帰りたかったんです。監視とかもその気持ちでいろいろやり始めました。 あ,そうだ(会場に向けて)物理サーバさわったことある人いますか?

(3割ぐらい挙手)

前佛:社内のSlackで「コンテナ概念とDocker操作の基本を(再)入門」というセッションをやると言ったら,⁠インフラ」のレイヤーが上すぎるって叩かれたんですよ(笑)⁠

田中:レイヤーの話が出ましたが,インフラにソフトウェア,コード,SREなどが含まれてきたというような変化点って,どういう流れでうまれたんでしょう。

前佛:世間的にはChefが出てきたからかな,と思っています。

田中:最近データセンターは行ってる?

前佛:石狩に見学に行ったぐらいですね……。

田中:社会科見学としては良いけど,なるべく行きたくはないよね。行く必要なくなってるのかな。

前佛:ネットワークのメンテナンス,機器入れ替えとか,電源系,物理で触らないといけないものは無くならないので,行かなくなるというのは難しいですね。

田中:では長野さんはどうですか?

長野:mixiにいた時代の更に前の会社では物理でしたが,mixi在籍時はデータセンターに行かなくなりました。そこではTCP/IPより上のことをやる,いわゆる「インフラ寄り」と呼ばれることをやってきました。ChefやPuppet,自動インストールの仕組みが出てきてからデータセンターに行かなくなった印象ですね。

田中:クラウドの前からもその波が来ていた?

長野:仮想化やAPIとかその仕組は,クラウドよりも前から来てましたね。

田籠:僕は10何年以上前にSIerだったのですが,そのころはハードウェア購入してラッキング,ネットワーキングして,とやっていました。ロードバランサーやスイッチ・ストレージなどを仮想リソースとして分割して使うというトレンドは,仮想サーバとかが出てくる前から始まっていましたね。

田中:物理的なエンジニアリングをしていた時から,キャリアが変わった特異点ってありました?

田籠:Egeneraという技術があったんです。ブレードにディスクが付いてなかった。 ブレードとディスクがロジカルに接続されていて,ブレードが壊れると別のブレードに切り替わるという機能がありました。今のクラウドインフラで実現されているものが10年前に存在していたのに,いかんせん高すぎて普及しなかったんです。ただ,そこで実現されていた,ハードウェアなどの設定をソフトウェアで行うというのが面白く,そこに感銘を受けました。

著者プロフィール

本橋佑介(もとはしゆうすけ)

レバレジーズ株式会社 teratail開発責任者。

クラウドインフラ,データベース管理,開発フロー改善などいわゆるSREのような立ち回りを中心に担当。

バックナンバー

エンジニアが今いちばん知りたいことに答えるイベント「MANABIYA -teratail Developer Days-」レポート

コメント

コメントの記入