Adobe MAX 2014最新レポート

第2回 デスクトップとモバイルをつなぐ新しいクリエイティブワークフローの提案~「Adobe MAX 2014」基調講演レポート,参加者全員にSurface Proプレゼントも

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

デスクトップとモバイルをつなぐ新しいクリエイティブワークフロー

Adobe Systems社主催,米国ロサンゼルスにて現地時間10月6日から10月8日まで開催されているクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX 2014」には,毎年世界中から多くのクリエイタやデベロッパが参加しています。会場の外観には遠くからでもすぐにわかるAdobeのロゴが飾られています。

画像

今回のAdobe MAX 2014の基調講演では,デスクトップとモバイル端末を繋ぐ新しいワークフローとクラウドとの本格的な統合が目玉となりました。

デスクトップとモバイルの垣根をなくしクラウドでシームレスに連携することで, 昨今ますます重要になってくる「デザインをする」仕事をよりクリエイティブに,少しでも早く,効率的に行うことをサポートしていきたいというAdobeのメッセージを強く感じる基調講演でした。

基調講演が行われたのはお馴染みのNokia Theatreです。

画像

基調講演の最初に登場した最高経営責任者(CEO)のShantanu Narayen氏。

画像

「モバイル端末用のアプリも積極的に開発していき,デスクトップ環境との垣根をなくしていきたい。クリエイタのためのコミュニティ育成にも力を入れていきたい。Behanceのようなポートフォリオサービスだけでなく,Creative Cloudもまた世界で何百万人ものクリエイタ同士がつながり,お互い学び合って刺激しあう場になっている。良いデザインは良いビジネスに繋がる,デザインイノベーションは大きい会社でも小さい会社でも起きている。我々はそれをサポートしていく」と力強く述べました。

すべてのアセットをクラウド上で管理するCreative Profile

いまやクラウドは単なる巨大なストレージではありません。すべてのユーザ・すべてのデバイスをつなぐプラットフォームになったのです。デスクトップPC,モバイル端末,アセット,マーケット,コミュニティ,これらがすべて,Adobeが提供するCreative Profileで管理し連携できるようになりました。

画像

さらにこのように説明しました。

「もちろんDropbox,Google Driveといったクラウドストレージは素晴らしいと思います。しかし皆さんのフォルダはこのようにになっていませんか? PSDファイルがファイル名順に並んでいる状態が果たしてスマートと言えるでしょうか」。

画像

新しいCreative Profileの一番の魅力は,ユーザ目線でデータや環境(アセット)を保存・管理できること。たとえば,共有したいファイルや写真,カラー,ブラシシェイプ,フォントなどを,クラウド上に登録することで,Adobe Creative Cloudのデスクトップアプリ,またはモバイルアプリからすぐに呼び出していつでも利用できるようになるのです。クリック&ドラッグで簡単に瞬時にクラウドのCreative Profileにアセットとして登録され,オンラインでもオフラインでもすべてローカルで同期されます。

画像

さらにこれらのアセットはブラウザからも参照できるのが特徴です。作成したアセットはチーム間で共有可能。さらにCreative Cloud上にある他のクリエイタが作成したアセットをライブラリとして集めることもできます。

現在,Creatibve CloudとBehanceで2万以上のアセットが「Market」に登録されていていて,そのままPhotoshopやIllustratorで使えるそうです。

画像

著者プロフィール

石川真弓(いしかわまゆみ)

ロフトワークの広報PR兼プランナー。FabCafeの広報担当、メディアリレーションの他ロフトワークのコミュニケション戦略プランニングと実施、コラボレーション企画などを行う。またクライアントプロジェクトにおいてもコミュニティデザイン、オウンドメディアからイベント企画、ソーシャルメディア活用やプロモーションなどの企画立案と実施も担当するハイブリッド型PR。

前職はWEB制作会社のWEBプロデューサーとWEBディレクターを経て、シックス・アパート株式会社でマーケティング・マネジャーとして広報・マーケティング活動全般を5年間担当。個人ブログを続けて11年、本業の傍らギズモード・ジャパンなど多数Webメディアのライターを務める。執筆した書籍に『HDR写真 魔法のかけ方レシピ』(2014年 / 技術評論社)。

バックナンバー

Adobe MAX 2014最新レポート