MicrosoftのWeb戦略―MIX11最速レポート

ソーシャルの手前にある「ユーザ体験」――MIX11で見えたWebの未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

先週,ラスベガスで開催されたMicrosoft MIX11が大盛況のうちに閉幕しました。ここでは,会期中に発表された内容をふまえて,これからのWebの未来について考察してみます。

会期中には,Intenet Explore 10 Platform PreviewやASP.NET MVC 3 Tools,Silverlight 5などのMicrosoftが提供する技術,また,Windows Phone 7関連やKinect開発ツールなど,新しいデバイスに向けた技術に関する発表が多数行われました。

これらを分けると,

  • Web/インフラ関係
  • デバイス関係

の2つに分類することができます。今回,この2つの軸からMIX11を考察し,さらにこの先のWebの未来がどうなるのか,考察してみます。

Web/インフラへの取り組み:Web標準への動きは着実に

IE9から本格的に準拠

2009年ごろからHTML5を中心としたWeb標準に対する意識が高まり,Web制作者やWebブラウザベンダなどが本格的にWeb標準に対して取り組むようになりました。そして2010年に,HTML5の各要素,APIに対応したWebブラウザが登場し,いよいよWebサイトのHTML5/CSS3化が進むのではという状況になってきています。

この流れにおいて,Microsoftが提供するInternet Explorer(IE)は,バージョン8まで他のWebブラウザと比較して,対応が遅れている状況でした。そして,2011年3月14日にリリースされたInternet Explorer 9では,HTML5のCanvas,Audio,VideoやCSS3のMedia Queries,2D Transformsなどの要素,SVG 1.1,ECMA-262などへの対応,改善が行われています。Web標準への対応に加えて,ハードウェアアクセラレータ(GPU)を利用した描画処理のパフォーマンスが大幅に向上しています。

今回のMIX11でも,これらの技術を裏付けるデモンストレーションが多数行われました。

NAMCO BANDAIから,日本でもおなじみのパックマン「Worlds Biggest PAC-MAN」

NAMCO BANDAIから,日本でもおなじみのパックマン「Worlds Biggest PAC-MAN」

日本企業カヤックが生み出したアニメーションクリエイティブ,⁠SVG女子」

日本企業カヤックが生み出したアニメーションクリエイティブ,「SVG女子」

次のステップ,IE10 Platform Preview

そして,初日のキーノートの目玉の1つとなった次期IE,IE10では

  • CSS3 Multi-column Layout
  • CSS3 Grid Layout/CSS3 Flexible Box Layout
  • ECMAScript 5 Strict Mode
  • CSS3 Gradients
  • CSS3 Transitions/CSS3 3D Transforms

など,IE9で対応しきれなかったWeb標準への準拠を行っていくと発表されています。当然他のブラウザと比較して劣る部分もあるのですが,今後の開発によってそれらがどこまで対応されるのか注目したいです。

そして,ユーザとWebのタッチポイントとなる部分(ブラウザ)からのWeb標準へのアプローチ,これがIEという膨大な数のユーザを獲得しているWebブラウザを開発するMicrosoftだから選択できる,Web戦略の1つと言えるでしょう。

ASP.NETやSilverlightなどの独自技術の向上も

Web標準への準拠以外に,Microsoft Web Platformと関連してASP.NET MVC 3やWebMatrix,また,リッチな表現を実現するSilverlight 5など,Microsoft独自の技術の開発も進んでいます。こちらについては,今回のMIX11内で,Visual Studioを中心に,開発者に向けたツールが多数発表されたのが印象的です。開発者へのアプローチ,これもMicrosoftが取り組む戦略の1つと言えるでしょう。

最新のMVC 3 Toolsに関してはこのサイトから入手できる

最新のMVC 3 Toolsに関してはこのサイトから入手できる

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入