海外PyCon発表修行レポート2015

第1回 PyCon APAC 2015 in TaiwanでのSphinxに関する発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめに

清水川貴之です。

2015年6月5日(金)~7日(日)にかけて,台北でPyCon APAC 2015が行われました。PyCon APAC はAPAC(アジア太平洋)地域の国で年ごとに行われるPythonのカンファレンスです。2010年からシンガポールで開催され,2013年には日本で,昨年と今年は台湾で開催されました。筆者はこのイベントで,Sphinxの機能を紹介する2つの発表を行ってきました。

Sphinxは,reStructuredText記法のテキストやPythonソースコードから,HTMLやPDFなどのさまざまな形式のドキュメントを出力するドキュメンテーションツールです。Python標準ライブラリのドキュメント作成のために作られたツールで,PythonライブラリであればSphinxでドキュメントを書くのが一般的,というくらい多くのPython関連ツール,ライブラリで利用されています。今回の発表は,Sphinxが持つ多くの機能のうち,よく話題に挙がる2つの機能の導入による効果を紹介するものです。

筆者は今年,3ヵ国以上の海外カンファレンスでSphinxに関するプレゼンテーションを行う,という目標を立てています筆者のblog)⁠各地のカンファレンスで,多くのソフトウェア技術者たちと交流し,Sphinxを紹介したり,意見交換を通してSphinxの今後の機能向上に役立てるのが目的です。PyCon APAC 2015は,その中の1つ目のカンファレンスです。スピーカー募集に2つのプレゼンテーションを応募したところ,なんと今回,その両方を発表する機会を持たせてもらいました。

また,カンファレンス2日目の夜には夜市(Night Party)という企画がありました。この企画は,カンファレンス参加者は誰でも参加出来るパーティー兼コミュニティーブースという構成です。このブース募集にも応募し,Sphinxブース展示をさせてもらいました。

本記事では,PyCon APAC 2015での発表とブース展示の様子について,スピーカーの立場から紹介したいと思います。一般参加レポートは後日公開予定ですので,そちらをご参照ください。日本から初めて海外のカンファレンスに参加した芝田将さんが,カンファレンス全体の様子や各セッションの内容,日本からの移動手段といった,参加者の視点でのレポートをお届けする予定です。

なお,Sphinxの機能についてはSphinxの公式ドキュメント(日本語)Sphinx-users.jpサイトで紹介しています。また,Software Design 2015年4月号から,⁠Sphinxで始めるドキュメント作成術」という連載記事を掲載していますので,こちらもご参照ください。

スピーカー懇親会:Speaker Night

カンファレンスの前日,6月4日(木)19:00から,スピーカーを招待して懇親会が行われました。筆者もスピーカーの一人として参加しました。日本からの参加者は筆者のほかに,PyCon JP 2015座長の鈴木たかのりさんが出席しました。

懇親会が開催された青葉新樂園はビュッフェスタイルのレストランで,日本からの観光客がよく訪れる青葉の系列店です。参加したスピーカーやカンファレンススタッフはビュッフェの台湾料理を頂きながら,それぞれ自由に雑談を楽しんでいました。

写真1 ビュッフェで提供される伝統的な台湾料理

写真1 ビュッフェで提供される伝統的な台湾料理

この懇親会で良かったと思うことは,カンファレンスのスタッフの多くと直接会えたことでした。スピーカーの応募をしてからこの日までの2ヵ月間,プログラムの日程調整,チケット購入,スプリント申し込み,会場敷地内の宿の手配,夜市ブースの申し込み,等々,多くのスタッフとメールでやりとりをしてきました。実際にカンファレンスが始まってからもスタッフとのやりとりは続きますが,こういった懇親会でお互いに顔を合わせて挨拶し会話することで,緊張をほぐす効果があったと思います。実際,翌日以降,会場で顔を合わせるとお互いに「やあ」という感じで声を掛けやすく,色々な相談や質問などもスムーズにできました。

写真2 APAC地域のPyCon代表メンバー(シンガポール,日本,韓国,マレーシア,アメリカ,台湾,香港)

写真2 APAC地域のPyCon代表メンバー(シンガポール,日本,韓国,マレーシア,アメリカ,台湾,香港)

この懇親会には,多くの台湾のスピーカー,海外からのスピーカー,APAC地域のPyCon代表,カンファレンスに招待されたキーノートスピーカー,そしてPyCon APACのスタッフといったメンバーが揃っていました。この機会を利用して他のスピーカーに話をする人,自国のPyConにスピーカーとしての参加を呼びかける人などがいました。

懇親会は21時過ぎに解散となり,筆者はカンファレンス会場のあるアカデミア・シニカ敷地内の宿泊先へと移動しました。この宿泊先に5泊したのですが,カンファレンス会場のすぐ近くにあるため,期間中は会場との行き来がとても便利でした。

写真3 ホテルの2人部屋。人数分の広い机と,電源とネット環境があります

写真3 ホテルの2人部屋。人数分の広い机と,電源とネット環境があります

著者プロフィール

清水川貴之(しみずかわたかゆき)

ドキュメンテーションツールSphinxのメンテナ。2003年にZope2と出会い,それがオープンソース等のコミュニティー活動を始めるきっかけとなった。

Sphinx-users.jp運営。一般社団法人PyConJP理事。株式会社ビープラウド所属。

著書/訳書:「Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版」「Sphinxをはじめよう」「Pythonプロフェッショナルプログラミング」「エキスパートPythonプログラミング」。

運営・参加イベント:Python mini Hack-a-thon主催,Sphinx+翻訳Hack-a-thon主催,PyCon JP 2011-2014運営

サイト:http://清水川.jp/
Twitter:@shimizukawa

コメント

コメントの記入