海外PyCon発表修行レポート2015

第3回 EuroPython 2015参加レポートと,Sphinxに関する発表(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

清水川です。

2015年7月20日(月)~26日(日)にかけて,スペインのビルバオでEuroPython 2015が行われました。EuroPythonは毎年ヨーロッパ地域で行われるPythonカンファレンスで,今年は14回目の開催です。最初の開催は2002年で,世界で初めてボランティアによって開催されたPythonカンファレンスです。アメリカで開催されているPyConよりも,1年早く開催されたんですね。

EuroPython 2015

EuroPython 2015

EuroPythonの開催地は,ヨーロッパ各国からの立候補を受けて,EuroPython Societyのボードメンバーが決定します。昨年はドイツのベルリンで開催され,日本人は筆者を含む4人が参加しました。今年は日本からは筆者のみの参加でした。

本記事では,EuroPython 2015の様子について2回に分けて紹介します。今回は,開催都市について,カンファレンスの様子,発表内容をいくつか紹介します。次回は,EuroPythonの発表者支援プログラム,筆者の発表(Sphinxのautodocに関するもの)⁠パーティー,そしてSprintの様子について紹介します。

参考リンク:

ビルバオってどんなところ?

ビルバオはスペインの北部,バスク地方にある芸術の街です。筆者は今回EuroPythonが開催されるまで,ビルバオの名前を知りませんでした。ビルバオにはEuroPython 2015サイトの背景画像に使われている,グッゲンハイム美術館があります。この美術館は建物自体が有名で,現代建築として評価が高いそうです。そして市街地に大小多くの公園があり,緑がとても多かったのが印象に残っています。

グッゲンハイム美術館と,ジェフ・クーンズ作『パピー』

グッゲンハイム美術館と,ジェフ・クーンズ作『パピー』

ビルバオには,日本からフランス経由で18時間かかりました。日本との時差は7時間です。交通費はエールフランスで往復約20万円でした。

ビルバオでの公共の移動手段は,バス,トラム(路面電車)⁠鉄道があります。バスとトラムは一律1.5ユーロ(約200円)⁠都市鉄道はゾーン内であれば1.5ユーロです。トラムの路線は観光向きな場所に敷設されていますが,あいにくEuroPythonの開催期間中はストライキが行われており,運行本数が半分以下になっていたようです。筆者は今回,会場との行き来は徒歩で移動しました。観光のために公共交通機関をそれぞれ利用しましたが,混んでいるということもなく,とても快適でした。

バス,トラム,鉄道で使用できるBarikカード

バス,トラム,鉄道で使用できるBarikカード

Barikカードは交通機関用の電子マネーカードです。カードの購入に3ユーロ(約400円)かかり,最低チャージ金額は5ユーロからです。初期コストがありますが,このカードを使うと交通機関の金額が約半額になります。また,複数人で1枚のカードを使用できるので,のべ4回以上乗車すれば元が取れます。

ビルバオでのインターネット接続のために,筆者は到着してすぐにSIMカードを買うつもりでした。しかし,空港にSIMカードを売っているところはなく,また日曜日到着だったため市内でもSIMカードは購入できませんでした。翌日以降,市内の販売店を何ヵ所かまわりましたが,販売していなかったり,1GBで30ユーロ(4,000円)と割高だったりしたため,最終的にはSIMカードを購入しませんでした。

ビルバオ滞在中のインターネット接続については,ホテルやカンファレンス会場,公共のWi-Fiを利用することで充分でした。また,ビルバオのバスではWi-Fiを提供しているため,ほとんどの場面でSIMカードはなくても問題ありません。地図を見たい場合でも,数分あるけばWi-Fi電波を捕まえられる,というくらい公共のWi-Fiは充実していました。唯一困ったのは,バルで美味しいワインを飲みながらFacebookやSwarmでチェックインできなかったことですね。

バルTXALUPAの様子

バルTXALUPAの様子

スペインでの会話はほとんどがスペイン語で,英語が話せる人はホテルのフロントや空港など,ごく限られています。SIMカードを購入しようとしたときも,半分の店舗では英語が話せませんでした。また,市街にあるバルやレストラン,スーパーでも英語は使えないと思ったほうが良いでしょう。筆者は,0から6までの数字と,⁠Una cerveza porfavor(ビール1杯ください)⁠Una esta porfavor(これ1つください)⁠La cuenta porfavor(お勘定お願いします)⁠という3つの言葉を覚えました。

コンセント形状はCタイプで,ヨーロッパの多くの地域で使われている形状です。日本のコンセント形状はAタイプなので,コンセントを使うには変換プラグが必要になります。電圧は,ほとんどのノートPCの電源アダプタやUSB充電器などは100V~240Vに対応しているので,対応電圧を確認して大丈夫であればそのまま使えると思います。

Sprintではコンセントも国際色豊か

Sprintではコンセントも国際色豊か

著者プロフィール

清水川貴之(しみずかわたかゆき)

ドキュメンテーションツールSphinxのメンテナ。2003年にZope2と出会い,それがオープンソース等のコミュニティー活動を始めるきっかけとなった。

Sphinx-users.jp運営。一般社団法人PyConJP理事。株式会社ビープラウド所属。

著書/訳書:「Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版」「Sphinxをはじめよう」「Pythonプロフェッショナルプログラミング」「エキスパートPythonプログラミング」。

運営・参加イベント:Python mini Hack-a-thon主催,Sphinx+翻訳Hack-a-thon主催,PyCon JP 2011-2014運営

サイト:http://清水川.jp/
Twitter:@shimizukawa

コメント

コメントの記入