インターネットが変える世界通貨の考え方―PayPal X Developer Conference Innovate 2010レポート

第1回 PayPal X Developer Conference Innovate 2010開幕!―キーワードはモバイル,ソーシャル,ローカル

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

The Web is "not" dead

ここまで4社のデモを紹介した後,再びNaveed氏が登場した。ここで同氏は『WIRED』の記事"The Web is dead"を引き合いに出したうえで「本当にWebは死んだのだろうか?」と会場へ投げかけ,改めてWebビジネスの可能性について考察を始めた。

「本当にWebは死んだのだろうか?いや死んでいない。これは数字からもわかることだ」と,Naveed氏は力強く述べた

「本当にWebは死んだのだろうか?いや死んでいない。これは数字からもわかることだ」と,Naveed氏は力強く述べた

氏曰く,⁠PayPalのビジネスは2008年から比べて30倍に拡張している。これは本当にすごいことだ。そして,2014年の予測では1トリリオン(10の12乗)ドルの市場が期待されている」とコメントし,新発表に続けた。

Mobile Express Checkout

ここで発表された新機能は「Mobile Express Checkout⁠⁠。その名のとおり,これまでのMobile Checkoutと比較して高速で処理できることが特徴の新機能である。ユーザは2クリックで決済完了ができる他,スマートフォンアプリへの簡単な実装,ゲストアカウントからの決済といった機能が特徴となっている。

Mobile Express Checkout
URL:https://cms.paypal.com/us/cgi-bin/?cmd=_render-content&content_ID=developer/e_howto_api_ECGettingStarted

Mobile Payments Library

次に,開発者向けライブラリ「Mobile Payments Library」についても発表された。このライブラリを使うことで,iPhoneやAndroidをはじめとしたモバイルデバイス向けのPayPalアプリケーション開発が可能となる。特徴は以下の通り。

  • アプリケーションとプラットフォームを横断できること
  • (アプリ上で)分割・統合決済が可能になること
  • 新規モデルのビジネスを構築できること

この他,詳細は公式サイトを参照のこと。

Mobile Payments Library
URL:https://www.x.com/community/ppx/xspaces/mobile/mep

多様化する決済サイト

モバイル関連の新発表に続いて,実際にモバイルアプリケーションやデジタルコンテンツでPayPal決済を搭載したサービス・サイトの担当者が登場し,さまざまなデモンストレーションを行った。

Spotify

音楽コンテンツ共有・検索サイトのSportifは,同サービスのiPhoneアプリにPayPal決済システムを実装し,直接購入を行うデモを実演した。このアプリを使うと,ユーザはアプリ間をまたいで直接コンテンツを購入できる。

LAYAR

LAYARは位置情報とARを融合したソーシャルサービス。今回,LAYARにPayPalの機能を実装し,ARで得た情報から商品の購入が行えるようになった。

発表を行った同社Co-Founder,Head of Content & CommunityのClaire Boonstra氏。LAYARは現在,100万人のアクティブユーザがいるそうだ

発表を行った同社Co-Founder,Head of Conten

LAYARのマップ(右)と個別の位置情報を並べたところ(左⁠⁠。位置情報に何かしらの購入が発生する情報を載せて販売を行うことができる

LAYARのマップ(右)と個別の位置情報を並べたところ(左)。位置情報に何かしらの購入が発生する情報を載せて販売を行うことができる

FOURTHWALL Media

ビデオコンテンツを販売するFOURTHWALL Mediaでは,試聴からコンテンツ購入までをシームレスに行う仕組みとして,動画コンテンツ上にPayPalの決済画面を重ねる機能を搭載した。これにより,短時間の試聴→完全版の購入を,画面遷移なく行えるUIを実現できる。

動画とは別のレイヤにPayPalの決済画面を重ね合わせている。UI的に見て非常にすぐれたインターフェースと言えるだろう

動画とは別のレイヤにPayPalの決済画面を重ね合わせている。UI的に見て非常にすぐれたインターフェースと言えるだろう

PayPal Mobile App 3.0 for iPhone

ここまではサードベンダがPayPalのAPIを利用して開発したデモが紹介されてきたが,PayPalが開発しているアプリケーションの新バージョンも発表されている。それが「PayPal Mobile App 3.0」だ。

PayPal Mobile App 3.0 for iPhone
URL:http://itunes.apple.com/us/app/paypal/id283646709?mt=8

これにより,販売者はiPhoneを通じて直接決済を行うことができる。その1つとして,Drugstore.comのデモが行われた。

Drugstore.comのデモ。ユーザは製品のバーコードをiPhoneで直接読み込み,PayPal Mobile for iPhone 3.0を通じて支払いが行える

Drugstore.comのデモ。ユーザは製品のバーコードをiPhoneで直接読み込み,PayPal Mobile for iPhone 3.0を通じて支払いが行える Drugstore.comのデモ。ユーザは製品のバーコードをiPhoneで直接読み込み,PayPal Mobile for iPhone 3.0を通じて支払いが行える

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/