PHPカンファレンス2009 スペシャルレポート

1日目,ビジネスデイレポート[随時更新]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

本日・明日で,PHPカンファレンス 2009が開催されます。本日(1日目)は,オラクル青山センターで「ビジネスデイ」と題して,ビジネスを意識した視点のセッションが用意されています。

本ページでは,1日目のレポートを随時掲載していきます!

イベント開始前

開場は12時からですが,スタッフの皆さんは10時に集合しました。

画像

準備中の中,会場13階のエレベーターを降りてから,受付,スポンサーブースを通り,会場まで歩いた模様が以下の動画です(なお,撮影の後にブースがつくられたもの等もあります)。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm8130289

鈴木則夫さん「イントロダクション」

PHPカンファレンス実行委員長 鈴木則夫さんのあいさつから,いよいよPHPカンファレンス2009が開幕です。

スポンサー各社の紹介,本イベント主催の日本PHPユーザー会の紹介,「"新しい" PHPカンファレンス」としての抱負や2日連続で行われることや,本日(ビジネスデイ)のプログラムの紹介などがありました。

鈴木さんの「過去,PHPカンファレンスに参加したことがありますか?」との質問には,2割程度の方が手を挙げられているようでした。初参加者が多い,まさに"新しいPHPカンファレンスとなりそうです!

画像

永原篤さん「NetCommonsでオープンソース・ビジネスモデルの実現」

NPO法人コモンズネット理事 OSSコンソーシアム理事兼CMSビジネス部会リーダオープンソース・ワークショップ 代表 永原篤さんによる,オープンソースを利用したビジネスモデルのありかた,つくりかたが紹介されました。

永原さん自身は,NetCommonsの可能性を感じNPO法人コモンズネットに参加し,また本イベントのスポンサーである株式会社RYUSの天野社長とCMS Nightを展開してきたと語りました。現在はCMSビズと名称を変えて2ヶ月に1回の割合でイベントを開催しているとのこと。他にも,WARPプロジェクトにも参画し,CMSの普及を目指しているそうです。

NetCommonsの活用事例として,国立情報学研究所のほか,企業サイトやポータルサイトとして使用されている状況を紹介しました。また,「ライフラインとしてのNetCommons」として,神戸市でインフルエンザ関連の学級閉鎖などの情報が錯綜せずに素早く伝達することが出来た事例として取り上げました。

NetCommonsは,コンピューターのリテラシーが低い方でも簡単に更新できる点,自分で工夫すること無くSEO対策ができることが好評で,永原さん自身も「記事を書くのが苦手な僕でも,記事を書くのが楽になった」といいます。

NetCommonsの機能として「掲示板」「スケジュール」「キャビネット(資料置き場)」などのWebサイトに限らず,プライベートやグループウェアとして便利なものが「オールインワン・モジュール」として入っており,NetCommonsではすべて同様の操作性で使用できると説明しました。

特徴は「使いやすい」「国産」ということをあげ,とてもシンプルながら力強い紹介がされました。

ビジネスとしての利用はもちろん,「手軽にWEBサイトを構築したい!」と思われている方は,WARP+NetCommonsの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

画像

画像

マクラケン直子さん「世界標準パブリッシングプラットホーム WordPress」

オープンソースのブログエンジン「WordPress」のについてWordPress 日本語チーム / Automattic, Inc. マクラケン直子さんの発表です。

冒頭の「WordPressを知っている方?」との問いに,会場は5割程度の方が手を挙げていたようです。

WordPressは,国内での知名度以上に海外ではメジャーなブログシステムであり,Technorati Top 100 ブログの統計の結果,36%がWordPressによるもので,第2位のBlogsmithの14%を大きく差をつけて第1位であることを示しました。つまり,人気ブロガーの3割がWordPressを選択しているといえます。参考までに,Google社のBlogger.comは3%で1/10程度です。

WordPress.org バージョン2.8のダウンロード数は累計で526万回で,日本では一日に1700回のダウンロードがあることが語られました。そして,WordPressのレンタルブログサービス「WordPress.com」は月間12億PVで世界19位のアクセス数(Alexa)を誇り,700万人のユーザーが利用しているとのこと。

また,豊富なテーマ(公式で紹介されているもので950以上)や,プラグイン(公式で紹介されているもので6300以上)による高い拡張性が魅力であることがサンプルを示しながら紹介されました。

企業ブログの導入事例として,株式会社ミクシィの開発者ブログ「mixi Engineer's Blog」をはじめ,eBay,米Yahoo! などの大手企業が, またメディアでの事例として,WIRED ブログ,ロイターブログ,TechCrunch ジャパンなどの有名メディアがそれぞれ挙げられました。ちなみに,PHPカンファレンスの公式サイトで利用されているブログもWordPressです:-)

ブログとしての利用以外にも,オンラインストアやマイクロブログなどに活用されている例の紹介がありました。

豊富な導入事例,柔軟な拡張性,世界各地で活発なコミュニティなど,魅力が盛りだくさんなWordPressから今後も目を離せません。

画像

画像

著者プロフィール

佐藤佳祐(さとうけいすけ)

北海道の大学に在籍し,現在は絶賛就職活動中。nequalに所属し,PEARリポジトリサービス「Openpear」開発を担当。最近はrhaco2と格闘する日々。お仕事の話,待ってます。

URLhttp://riaf.jp/


藤本洋一(ふじもとよういち)

Zend Frameworkのコミュニティ「zf-users.jp」とかやってます。nequal所属。

最近,ふとしたことから無職になってしまったため,絶賛求職中。

URLhttp://wozozo.jp/

コメント

コメントの記入