PHPカンファレンス2016 レポート

明日開催! PHPカンファレンス2016 直前レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Webアプリケーション言語PHPに関する国内最大のイベント,PHPカンファレンス2016が明日開催されます。現在,登録参加者数が2,000名を超えており,明日は賑わいそうです。

この直前レポートでは,イベントの概要を簡単に紹介します。

イベント概要

会場はここ数年と同じ、大田区産業プラザ PiOにて開催されます。

今年は8トラック同時進行,計30近くのセッションが行われる盛りだくさんのイベントになっています。基調講演とゲストスピーカーセッションは次のとおりです。

  • PHPの今とこれから2016(廣川類氏:日本PHPユーザ会)
  • PHP7で堅牢なコードを書く - 例外処理、表明プログラミング、契約による設計(和田卓人氏:タワーズ・クエスト)
  • PHPの今とこれから2016(徳丸浩氏:HASHコンサルティング)

あらかじめタイムテーブルをよく確認し,会場へお越しください。

会場へのアクセス

会場へのアクセスは,次を参照してください。

  • 大田区の大田区産業プラザPiO地図
    • 京浜急行線京急蒲田駅東口より徒歩3分
    • JR京浜東北線,東急池上・多摩川線 蒲田駅東口より徒歩13分
  • 当日の案内,模様をソーシャルメディアでキャッチアップ

    イベント公式のTwitterアカウントや,Facebookページを使って,当日のイベントの案内や模様を随時お知らせします。参加する方や遠方からイベントの模様を知りたい方はこちらをご確認ください。

    ハッシュタグは次のとおりです。会場に来られた方は感想をブログやSNSに書いて,イベントを一緒に盛り上げてもらえればと思います。

    また,イベントの模様はYouTubeを使って,トラックごとに中継される予定です。

    さいごに

    本日会場では,設営準備が行われています。

    画像
    画像
    画像
    画像

    ぜひ皆さん,明日のPHPカンファレンス2016を楽しんでください。

    なお,今年gihyo.jpでは,基調講演とゲストセッションのレポートを後日掲載予定です。

コメント

コメントの記入