Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート

第2回 Plone Symposium Tokyo 2015―Day 2:開発スプリント&インタビュー編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Day 2:開発スプリント

スプリントには,海外からのゲストであるPlone/Zopeのコア開発者たちを含む15名が参加しました。ここではいち参加者である筆者(田原)の視点でスプリントの報告と感想を書きたいと思います。

スプリントは,基本的にはみんなで対象のソフトウェア(今回であればPlone関係のもの)の開発に関わる作業をするための集まり,といった感じのものです。前日のTres Seaver氏のゲストキーノートで説明があったとおり,新規の参加者たちを助けてこれからコミュニティーで活動してもらえるように応援することが一番大事で,あとは参加者から話しを聞いてコア開発者がそれを開発に活かす,そういう機会がスプリントです。

参加者が同じ部屋に居ても別々に作業しているだけだったらスプリントじゃないよ,ということですね。

写真1 田原悠西,Tres Seaver,Eric Steeleの3氏

写真1 田原悠西,Tres Seaver,Eric Steeleの3氏

そういったわけで,今回参加してくれたPloneやZopeのコア開発者の皆さんは,筆者を含む日本の参加者たちにたくさん時間を割いてくださいました。筆者自身はZopeの大量にあるライブラリー群のメンテナンスをしてくれているTresさんから,彼がどうやってそれらをメンテナンスして,テストの自動実行の仕方とか,リリースマネジメントをどうやっているのかなど,初歩的なところを含めて色々教えていただきました。

写真2 Sprintテーマを書いたホワイトボード

写真2 Sprintテーマを書いたホワイトボード

今回スプリントに参加して一つ気がついたことがあります。それは,コミュニティーの外にいる門外漢はコミュニティーの今の課題を共有していないため,どんな作法で対象のソフトウェアをメンテナンスしているのかを知らない。このため,たとえプログラミング的なことができる技術があったとしても,何をどんな作法でやればいいのかの基礎に触れるだけで丸1日経ってしまうということです。スプリントの場で海外から来てくれたコア開発者の方々と一緒にコードを書きたかった,1日しかないスプリントは物足りないなという気持ちになりました。1週間くらいスプリントをやることも海外では実は割と普通なので,日本でもそういうことができるようになるといいなと思いました。

スペシャルインタビュー

さて,ここからは開発スプリントの合間を縫って行ったスペシャルインタビューをお届けします。インタビューは寺田学,村岡友介,安田善一郎の3名が担当しました。

まずはゲストキーノートでお話いただいた Tres Seaver(トレス・シーバー)氏へのインタビューから。

著者プロフィール

田原悠西(たはらゆうせい)

オープンソースERPのERP5開発者の一人。自由ソフトウェアが好き。


安田善一郎(やすだぜんいちろう)

  • シエルセラン合同会社 代表
  • 株式会社Suraface&Architecture 所属
  • 株式会社ニューロマジック 監査役

PloneをはじめMT,Wordpress,WebReleaseなどさまざまなCMSでサイト構築(企画IAディレクション含む)を手がける。UI/UXデザインのディレクションも。トライアスロン歴約5年だがずっとビギナー。

「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.)共著


村岡友介(むらおかゆうすけ)

Yarch:http://yarch.jp/

Yarchという屋号で活動しているフリーランサー。インターネットに関わる困りごと,特にPythonに関わるチューニングを手がける。日々の活動のなかで気になったものにパッチを投げてるので,GitHubのリポジトリ一覧がカオス。

Twitter:@jbking

GitHub:jbking

バックナンバー

Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート

コメント

コメントの記入