Plone Conference 2010参加レポート

Plone Conference 2010 Day 2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9 分

ライトニングトーク

カンファレンス2日目の最後は日本の技術系イベントでもおなじみのライトニングトークです。15人以上がエントリーしており,時間がぜんぜ足りなくなりそうでした。ライトニングトークは数が多いので簡単にレポートします。

ビデオでは全ライトニングトークが一つにまとまっているので,自分が必要なところだけ見るのがなかなか大変です。タイトルの横にビデオの開始時間の目安を入れておきました。

ライトニングトークのエントリーシート

ライトニングトークのエントリーシート

Dexterity new edition demo(00:00~)

David Grick氏による,Dexterityを使用してコンテンツを作成するデモです。コンテンツを作成するとZMI(Zope管理画面)上でXMLで定義されたschema(コンテンツの定義)が確認でき,そのXMLファイルをエクスポート,インポートして再利用できます。Dexterityが1年前より進化している印象を受けました。

Monitcall: preventing process deadlocks(04:45~)

Plone 3 Multimediaの著者でもあるTom Gross氏による,monitcallというデッドロックを見つけるためのスクリプトの紹介です。

Diazo in Action(09:40~)

Denys Mishunov氏による,Bergen Public LibraryのシンプルなサイトをDiazoを使用してリッチな見た目のサイトに変換した事例の紹介です。書籍の検索,一覧,結果ページをシンプルなものから統一的なきれいなデザインにDiazoを使って変更したそうです。

Plone schema and data using SQLAlchemy(15:20~)

Marco Martimez,Davit Mote氏の発表は,スライドがありませんでした。大学のサイト作成し,そこでPostgreSQLに入っているデータをSQLAlchemyで取り出してPloneで参照できるようにしたことが発表されました。

collective.transcode.star(21:20~)

collective.transcode.starはアップロードされたビデオをWebサイトで扱いやすい形式に変換するプロダクトです。Dmitris Maraitis氏によるデモでは,動画ファイルをアップロードするとH.264に変換し,Flashプレーヤーで参照していることが語られました(スライド:Transcode star)⁠今後はより多くのフォーマットへの対応と,HTML5のvideoタグへの対応を考えているそうです。

Products.LongRequestLogger(28:20~)

Leonardo Rochael氏による,Products.LongRequestLoggerというログファイルにスタックトレースを出力するプロダクトの紹介です。

bda.plone.finder(34:40~)

Jens Klein氏による,bda.plone.finderというMacのFinderのようなユーザーインタフェースでPloneコンテンツの操作ができるプロダクトの紹介です。コンテンツのコピー&ペーストだけでなくワークフローの状態変更や新規コンテンツ作成もできます。慣れの問題かもしれませんが,個人的には見た目には面白いけど,それほど使いやすそうな印象は受けませんでした。

bpa.plone.finderでコンテンツの操作

bpa.plone.finderでコンテンツの操作

Image transformations in Plone 4.1(38:20~)

Ploneサイト上の画像処理の今後について,範囲指定しての切り取りやグレースケール変換などができるようにしては?という,Harald Friessnegger氏の提案の説明でした(スライド:image transformations in plone 4.1)⁠PLIP#10174として提出しているそうです。考え方は面白いですがユーザにどのように画像処理を指定させるのかなかなか難しいと思いました。

Web based IRC chat in Plone(44:30~)

Roel Bruggink氏による,Javascript + Websocketで実装したPlone上で動作するIRC Clientの紹介です。システムそのものよりも,チャットのデモではIRCチャンネル上で,参加者がこぞって「お前のビールは俺のものだ」みたいな書き込みをしていたことでウケていました。こういうノリは世界共通ですね。

ALL OF YOUR BEER ARE BELONG TO US

ALL OF YOUR BEER ARE BELONG TO US

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

BeProud 所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。最近miniじゃなくなりつつあるPython mini Hack-a-thonの主催者の一人でもある。

趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズル。2012年の目標は9月にオープンするマレーシアのレゴランドに行くこと。写真はうちのフェレットくろちゃんとくりちゃんです。

Twitter: @takanory
ブログ: http://takanory.net/takalog/