台湾で開催された「PyCon APAC 2015」参加レポート

第1回 現地の様子とカンファレンス1日目 ~Van Lindberg氏による基調講演,おやつタイム,等々~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

こんにちは,芝田将です。

2015年6月5日(金)~7日(日)までの3日間,台湾の台北で開催されたPyCon APAC 2015に参加してきました。筆者はこれまでPyCon JPも含めてPyConへの参加経験が無く,非常に新鮮なものばかりでした。参加レポート第1回では現地の様子とカンファレンス1日目の内容を参加者目線でお届けします。

PyCon APAC 2015について

PyConはPythonユーザ間の情報の共有や交流を目的として,世界各国で開催されているイベントです。その中でもPyCon APACはアジア,太平洋地域の様々な国からPythonista(Pythonユーザ)が集まる大規模なイベントとなっています。これまでPyCon APACはシンガポール,日本でも開催されてきましたが,今年は昨年に引き続き台湾で開催されました。

図1 PyCon APAC 2015 公式サイト

図1 PyCon APAC 2015 公式サイト

イベント前日の様子

現地での移動

桃園空港から会場までの移動手段はPyCon APAC 2015の公式サイトに載っています。空港にはいくつかのバス業者のチケット売り場があり,どこを使えばいいのか悩みましたが,PyCon APAC 2015の公式サイトでは最も経済的で便利な移動手段として「国光バス」が紹介されていて非常に助かりました。台湾のタクシー料金は日本に比べるとかなり安いですが,空港から会場までは結構距離があるためできるだけシャトルバスを利用するのが経済的です。また日本から来たメンバーの中には桃園空港ではなく松山空港を利用する方もいました。会場へは松山空港のほうが近いため,そちらを利用するのも良さそうです。

筆者は上記ページに載っている通り,桃園空港内で国光バスのチケットを購入し,南港展覧館までバスに乗り(料金はNTD115)移動。その後タクシーを利用して宿泊先であるカンファレンス会場の近くのホテルまで移動しました。タクシーでは中国語が分からなくてもスマートフォンで行き先を見せると問題なく目的地まで連れて行ってくれました。

図2 国光バス

図2 国光バス

台北市内での移動は,タクシー以外にもMRT(地下鉄)やバスがあります。現地ではEasyCardと呼ばれるICカードを購入しておくとMRTやバス,コンビニなどで使うことができ,非常に便利です。特にバスには両替機がなく,英語が通じないことも多いのでEasyCardを持っていると簡単に支払いができました。

ホテル・会場

図3 会場正面玄関

図3 会場正面玄関

カンファレンス会場は昨年のPyCon APAC 2014と同じく中央研究院(Academia Sinica)です。また会場のそばには宿泊施設があり,筆者も含め遠方からの参加者の多くはそこに宿泊していたようです。

図4 ホテル

図4 ホテル

図5 会場

図5 会場

会場の設備は素晴らしく全席にマイクや電源,有線LANが用意されています。無線LANもありましたが,参加者が多いためかインターネットに繋がりにくかったです。有線LANは安定していたため,LANケーブルを用意しておくと良いと思います。また筆者は日本の空港でWi-Fiルータを契約して持って行きましたが,SIMフリーのWi-Fiルータやスマートフォンをお持ちの方は空港でプリペイドSIMを購入するほうが経済的でお勧めです。

著者プロフィール

芝田将(しばたまさし)

明石高専の学生でBeProudアルバイト,Pythonの勉強会akashi.pyを主催。PyCon JP 2015ではメディアチームに在籍。

Pythonが好きで趣味やアルバイトではDjangoを使ってWebアプリを書きつつ,研究ではpandasを利用。

PyCon APAC/Taiwan 2015に参加して,PyCon JPの宣伝をしてきましたが,僕自身はPyCon JPへの参加経験はなく,かなり楽しみにしています。

Twitter:@c_bata_

Facebook:芝田将

コメント

コメントの記入