台湾で開催された「PyCon APAC 2015」参加レポート

第2回 PyCon APAC/Taiwan 2015カンファレンス2日目参加レポート ~Robert Bradshaw氏による基調講演,LT,等々~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

こんにちは,芝田です。

台湾で開催されたPyCon APAC/Taiwan 2015参加レポート第2弾。今回はカンファレンス2日目の様子をお届けします。

2日目

[Keynote 3]Robert Bradshaw:Static Typing in Python?

写真1 Robert Bradshaw氏による基調講演

写真1 Robert Bradshaw氏による基調講演

2日目はRobert Bradshaw氏による基調講演から始まりました。彼は,長年Sage(数式処理システム)の開発に貢献しており,またCythonのコアデベロッパーでもあります。CythonはPythonをベースにしたプログラミング言語です。しかしPythonとは異なり静的なデータ型の宣言が可能です。このセッションではCythonをベースに,Pythonが静的型付けになることでどういうメリットがあるのか解説されました。

静的型付けは,高速な動作が期待できることはもちろん,エディタやIDEがその情報をコード補完や引数の型チェックに役立てる事ができます。ただし,動的型付けはPythonを便利にした特徴の1つであることから,そこで漸進的型付け(Gradual Typing)や型ヒント(Type Hints)により,動的型付けと静的型付けを共存させる方法が検討されているとのことでした。

たしかに静的型付けには,無視できないくらい大きなメリットがありますね。型ヒントに関してはPython 3.5の最初のβ版であるPython 3.5.0 b1に取り込まれていますPEP0484)⁠今後の静的型付けへの動きがどうなるっていくのか楽しみです。

清水川貴之:Easy contributable internationalization process with Sphinx

写真2 清水川氏によるSphinx国際化の発表

写真2 清水川氏によるSphinx国際化の発表

Sphinxメンテナとして活躍している清水川@shimizukawa氏によるSphinxドキュメンテーションの国際化に関する発表です。清水川氏はスピーカー側からみたPyCon APACへの参加レポートを連載していますので,そちらもご覧いただければと思います海外PyCon発表修行レポート2015)⁠

Sphinxは,reStructuredText(軽量マークアップ言語の一つ)やソースコードからドキュメントを生成するツールです。清水川氏が聴講者の方々にSphinxを知っている人がどれくらいいるのか確認したところ,手が挙がったのはおよそ3分の1程度でした。SphinxはPythonの公式ドキュメンテーション等でも採用されていますが,残念ながら知名度はあまり高くないようです。Sphinxの国際化の方法について解説した後,Transifex(Webベースの翻訳プラットフォーム)との連携やdrone.io(CIサービス)を使った継続的なビルドについて説明していました。自分で作ったライブラリを多くの人に使ってもらうためには国際化は欠かせないですね。

Q&AではMarkdownは対応するのかという質問が出ました。清水川氏によるとMarkdown対応は,すでにある程度実装できているそうです。しかしMarkdownはGitHubフレーバーなど複数の独自文法があり,そこにさらにSphinxのdirectiveを扱えるようにすることは慎重にやる必要があるとのことでした。確かにSphinxの知名度が上がらない一つの原因として,reStructuredTextの知名度がMarkdownに比べ低いことがありそうですね。ある程度実装が終わっているとのことなので今後に期待です!

参考リンク

Easy contributable internationalization process with Sphinx in Taiwan - Slideshare

Easy contributable internationalization process with Sphinx - PyCon APAC 2015

田中秀樹:Marsface Project

写真3 田中氏によるMarsface Projectの発表注1

写真3 田中氏によるMarsface Projectの発表(注1)

PyData.TokyoのOrganizerとして活動している田中秀樹@atelierhide氏によるMarsface Projectの紹介です。PyCon APAC 2015では科学系のテーマのみを扱うSciPy Trackという枠が用意されており,このセッションもその1つです。Marsface Projectは過去に撮影された月や火星の表面の画像を顔認識で解析し,人の顔の形をした構造物を発見するプロジェクトです。

なんとこのプロジェクトでは発見した構造物を3Dプリンタで再現し,人面岩の型足ツボに効く靴の中敷きとして発売しているそうです。この話は外国の方にも非常にウケ,セッションは大盛りあがりでした。

内容もとても面白く素晴らしかったのですが,個人的には田中氏がカンペを見ずに英語でのセッションをこなす姿がなんとも印象的でした。海外のPythonistaと交流を深めるためにも,田中氏のように発表やQ&Aも堂々と英語で話せるようになりたいですね。

参考リンク

Marsface Project: Detecting Pseudo-artificial Structures on Mars - Slideshare

Marsface Project: Detecting Pseudo-artificial Structures on Mars - PyCon APAC 2015

著者プロフィール

芝田将(しばたまさし)

明石高専の学生でBeProudアルバイト,Pythonの勉強会akashi.pyを主催。PyCon JP 2015ではメディアチームに在籍。

Pythonが好きで趣味やアルバイトではDjangoを使ってWebアプリを書きつつ,研究ではpandasを利用。

PyCon APAC/Taiwan 2015に参加して,PyCon JPの宣伝をしてきましたが,僕自身はPyCon JPへの参加経験はなく,かなり楽しみにしています。

Twitter:@c_bata_

Facebook:芝田将

コメント

コメントの記入