台湾で開催された「PyCon APAC 2015」参加レポート

第3回(最終回) PyCon APAC/Taiwan 2015カンファレンス3日目参加レポート ~プレゼント大会,等々~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

こんにちは,芝田です。

台湾で開催されたPyCon APAC/Taiwan 2015の参加レポートもいよいよ最終回です。今回はカンファレンス最終日の様子をお届けします。

3日目

Wei-Ting Kuo:Sentiment Analysis by NLTK

写真1 Wei-Ting Kuo氏によるNLTKを使った感情分析

写真1 Wei-Ting Kuo氏によるNLTKを使った感情分析

このセッションではNLTK(Natural Language Toolkit)を使って英文のポジネガ判定を行う方法を解説していました。ポジネガ判定というのは,文章がポジティブかネガティブか判定するものです。例えば,ある書籍に「This is a good book!」という感想があれば,⁠good」というポジティブなイメージを持つ単語が含まれていることから高く評価されているということがわかります。

NLTKを使うと,センテンスや単語の分割からモデルの生成まで手軽に出来るようです。簡単なサンプルコードをベースに解説していて,NLTKを初めて知った筆者にもイメージがつかみやすかったです。日本語や中国語は英語に比べ,複雑で解析が難しいとされていますが,筆者も日本語で試してみたくなるセッションでした。

参考リンク

Sentiment Analysis by NLTK - Wei-Ting Kuo

Sentiment analysis-by-nltk - slideshare

Summit Suen:Play Data, Play Ball!

写真2 Summit Suen:Play Data, Play Ball!

写真2 Summit Suen:Play Data, Play Ball!

このセッションはセイバーメトリクスの紹介から始まり,野球のデータを収集する方法や可視化する方法について解説されていました。セイバーメトリクスとは,データを統計学の観点から客観的に分析し,野球選手の評価や戦略を考える分析手法のことです。野球データとしてLahmanMLBAMがあります。しかしそこで公開されているデータはメジャーリーグのデータしかないため,日本や台湾の野球データはクローリングによって集めているとのことでした。

日本の野球データも扱いやすい形式で公開されると,セイバーメトリクスがどんどん盛り上がりそうですね。

参考リンク

Play Data, Play Ball! - Summit Suen

Play Data, Play Ball! - pyconapac2015: Slides

清水川貴之:Sphinx autodoc: automated API documentation

写真3 清水川氏によるSphinx autodocの解説注1

写真3 清水川氏によるSphinx autodocの解説(注1)

PyCon APAC最後のセッションは清水川@shimizukawa氏によるSphinx autodocの解説でした。Sphinx autodocはソースコード内のdocstringsと呼ばれるコメントからAPIドキュメントを自動生成する機能です。筆者もSphinxの中で特に好きな機能の一つで,本当に簡単にAPIドキュメントが生成できます。

またdocstringsはドキュメント生成に使われるだけでなく,特定のフォーマットに従えばテストとして実行可能です。このセッションでは,autodocだけでなくdocstringsによるテストの実行方法やカバレージの出力方法まで解説されました。最後のセッションということもあり,多くの方がこの会場に集まっていましたが,この発表を通してSphinxに興味をもった方がたくさんいるのではないかと思います。

清水川氏は2日目にもトークセッションを1つこなし,忙しい中でしっかりと準備を進めていました。筆者も清水川氏のように積極的に英語によるトークに挑戦していきたいと思いました。

参考リンク

Sphinx autodoc: automated API documentation - Takayuki Shimizukawa

Sphinx autodoc - automated API documentation (PyCon APAC 2015 in Taiwan) - Slideshare

著者プロフィール

芝田将(しばたまさし)

明石高専の学生でBeProudアルバイト,Pythonの勉強会akashi.pyを主催。PyCon JP 2015ではメディアチームに在籍。

Pythonが好きで趣味やアルバイトではDjangoを使ってWebアプリを書きつつ,研究ではpandasを利用。

PyCon APAC/Taiwan 2015に参加して,PyCon JPの宣伝をしてきましたが,僕自身はPyCon JPへの参加経験はなく,かなり楽しみにしています。

Twitter:@c_bata_

Facebook:芝田将

コメント

コメントの記入