台湾で開催された「PyCon APAC 2014」参加レポート

#1 PyCon APAC 2014開催の台湾へ,そしてイベント1日目の模様

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2014年5月17日(土)⁠18日(日)に台湾の台北でPyCon APAC 2014が開催されました。本稿では,PyCon JPにも関わりがある著者3人による,PyCon APAC 2014のキーノート,セッション,インタビューなどの参加レポートをお届けします。

PyCon APAC 2014とは?

PyConは日本を含む世界各国で開催されており,Pythonユーザーが集まりPythonに関する情報を共有したり,交流を深めるためのイベントです。その中でPyCon APACはアジア,太平洋地域にかけての大きなイベントで一昨年はシンガポール,昨年は日本で開催されました。英語のセッションも多く,参加する方も色々な国から来ていて,とても国際色豊かなイベントです。今年は台湾の台北で開催され,開催概要は次の通りでした。

PyCon APAC 2014 概要

期間2014年5月17日,18日の2日間
構成キーノート,セッション,BoF,LTなど
参加費用NT$2,590(日本円で約8,800円)
会場Academia Sinica
参加人数600名程

日本からの参加メンバー

今回のPyCon APAC 2014には、日本からは個人,団体での参加を含め10数名程度が参加していました。各自の都合もあり,全員が集う機会はありませんでしたが,それぞれ交流して非常に有意義な時間を過ごすことができました。

イベント前日

関根です。イベント前日の台湾までの移動や,台北市内での交通,またMozila Taiwanの方々との夕食について紹介します。

飛行機での移動

私は次のようなルートで台湾と日本を往復しました。

  • 往路:羽田空港 → 松山空港
  • 復路:松山空港 → 羽田空港

松山空港,羽田空港ともに都心から近く,とても便利でした。平日の昼間に移動したこともあり,羽田空港はとても空いていて,スムーズに手続きを行うことができました。

現地での移動

現地での移動には,主にMRT(地下鉄)とタクシーを利用しました。

地下鉄

台湾の地下鉄では悠遊卡(EasyCard)というSuicaのようなカードが使用できます(NT$500で購入し,NT$100が保証金,残りの額の$400利用可能でした)⁠駅の自販機で購入し,それを使用しました。日本のSuicaと同様の仕組みなので、簡単に利用することができました。

悠遊卡(EasyCard)

画像

タクシー

台湾のタクシーは日本と比べると安く,また台北市内の移動がほとんどだったこともあり,料金もさほどかからず移動できました。主に複数人で移動する場合や早朝,深夜などに利用しました。

夕食

夕食はMozila Taiwanの方と,寺田さんのお友達の方と一緒に取りました。お店は定番の鼎泰豊(ディンタイフォン)です。本店はだいぶ混雑しているらしいので,支店の忠考店で待ち合わせをしました。

鼎泰豊(ディンタイフォン)

画像

小籠包をはじめとして,前菜,チャーハン,スープなど,どれもとても美味しかったです。

食事風景

画像

食事中は,Pythonに関する話題や,開発しているサービスなどについて,また日本や台湾の事などについてお話ができました。私は初めて会う方ばかりでしたが,国籍を超えて交流できてとても楽しかったです。

集合写真

画像

著者プロフィール

宵勇樹(よいゆうき)

PyCon JP 2012お手伝い。PyCon TW 2013でもレポート執筆。

業務は大規模データ処理環境の構築運用や見える化ツールの運用など。Pythonは主にTwitter Botを作るのに使用。機械学習にも興味があり,PRML勉強会,R,Web Mining系の勉強会を主催,参加。

Twitter:@showyou


関根裕紀(せきねひろのり)

複数のスタートアップにて,さまざまなWebアプリケーション開発に携わったあと,アライドアーキテクツ(株)に入社。業務では主にWebサービスの開発全般を担当している。5,6年ほど前にPythonを使用して以来,Pythonが好き。PyCon JP 2015 副座長(プログラム),また月に一度の勉強会である「Pythonもくもく会」を主催している。

Twitter:@checkpoint


寺田学(てらだまなぶ)

一般社団法人PyCon JP代表理事

昨年(2013年)日本で開催されたPyCon APACの座長。他には(株)CMSコミュニケーションズ代表,Zope/Ploneの専門家として,大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。Ploneコアコミッターとして,Plone4の日本語検索部分を担当した。その他にもオープンソース各種プロダクトを公開している。また、国内ではPlone Users Group Japanにて中心的に活動を行っている。共著書に、『Plone 4 Book』(Talpa-Tech Inc.),『10日でおぼえる Python 入門教室』(翔泳社),『FFmpegで作る動画共有サイト』(毎日コミュニケーションズ)他がある。

Twitter:@terapyon

バックナンバー

台湾で開催された「PyCon APAC 2014」参加レポート

コメント

コメントの記入