「PyCon APAC 2017 in Malaysia」参加レポート

Day1:Luis Miguel Sanchez氏キーノート,学生,日本からの登壇者によるセッション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

こんにちは。PyLadies Tokyoです。PyLadiesとはPython好きな女性のための国際組織です。Pythonを利用している女性たちのためのサポートネットワークの提供やリーダーの育成などを目的として活動を行っています。

先日,2017年8月26日(土)から8月28日(月)の3日間に行われたPyCon APAC 2017 in Malaysiaに,日本から13名(Pyladies Tokyoのメンバー4名を含む)のPythonユーザが参加しました。

本レポートでは,26日,27日に行われたカンファレンスの様子を,PyLadies Tokyoから参加した山下・赤池・石田の3名がお伝えいたします。

PyCon APACとは

PyCon APACとは,Pythonユーザの情報共有や交流を目的として世界各国で開催されているイベント「PyCon」のアジアパシフィック版イベントです。

マレーシア・シンガポール・韓国・台湾・日本など東アジア各国のPythonユーザが集い交流を深めます。PyCon APACの開催地は毎回異なり,東アジアの各国で年に1度開催されます。毎年異なる国へ訪問できることもまた,PyCon APAC参加の醍醐味と言えるでしょう。昨年は韓国で行われました。昨年の様子は下記レポートをご覧ください。

今年は約200名のPythonユーザが集い,熱く楽しくセッションや交流を行いました。PyLadies Tokyoからは4名の参加があり(過去最多)⁠いろいろな出会いや議論を堪能しました。

マレーシアと今年のカンファレンス会場

今年の開催地はマレーシアのクアラルンプール。電車などの公共交通機関が整備され,大変治安の良い街です。イスラム教徒の比率が高い国であるため,物価に対してお酒が高いです。

今回のカンファレンスは,クアラルンプールの主要駅であるKLセントラル駅から4駅離れたUniversiti駅近くのホールで開催されました。ホールの入っている建物は新しく綺麗な建物でした。

カンファレンス会場ロビー。休憩中の様子

カンファレンス会場ロビー。休憩中の様子

カンファレンスでは1日につき軽食2回とランチブッフェ1回が提供されます。どの料理も大変美味しくつい食べ過ぎてしまいました。ランチタイムは大きなテーブルをいろいろな人とシェアして利用するタイプであったため,たまたま同じテーブルになった方と会話を楽しむことができました。一日中コーヒーと紅茶のサーバーが常設されているのも嬉しかったです。

Day1 Keynote ~ Luis Miguel Sanchez氏

Sanchez氏は 『DATA SCIENCE HANDBOOK』などの著作をもつデータサイエンティストです。今回の講演では,Bitcoinの取引データをCythonやpandasなどを駆使して解析し,マイニングやトレーディングを自動化する例やディープラーニングを使って新しい音楽を自動生成した例など,Sanchez氏が手がけた分析とその成果について語ってくれました。

特に音楽の自動生成の話は,とても興味深いものでした。クラシック音楽をディープラーニングを使って解析して各作曲家の特徴を教え込み,⁠この作曲家っぽいフレーズ」を自動生成させることに成功していました。会場では,各作曲者の特徴量の可視化や,バッハのG線上のアリアのバリエーションミュージックとヴィヴァルディ風テクノミュージックのデモを聞くことができました。想像していたよりもずっとテクノミュージックにヴィヴァルディっぽさが滲み出ていてとても楽しかったです。

翌日Sanchez氏とお話しする機会があったのですが,その際も「音楽の部分で多くの人から反響があった。質問などあればぜひ連絡してほしい」と話されていました。音楽のためうまく言葉で表せず残念ですが,多くの参加者の印象に残るデモであったようです。

Sanchez氏の手がけているプロジェクトの情報はSGX Analytics で見ることができます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

ディープラーニングにまつわるシステムについて語るSanchez氏

ディープラーニングにまつわるシステムについて語るSanchez氏

day2終了後Sanchez氏とお話しすることができました。記念にパチリ

day2終了後Sanchez氏とお話しすることができました。記念にパチリ

著者プロフィール

石田真彩(いしだまあや)

クラウドアーキテクト。PyLadies Tokyo オーガナイザーの一人。Microsoft MVP(Azure)。「Pyladies Tokyoが立ち上がるのでPython勉強してみたら」と言われて始めたのがPythonとの出会い。仕事柄データ処理システムなどの構築でPythonを使うことが多いが,最近Tornado熱が高まっているのでWEB開発したいお年頃。

Twitter:@maaya8585


山下加奈恵(やましたかなえ)

データサイエンティスト/コンサルタント。分析の幅を広げたくてPythonを勉強しはじめる。Pyladies Tokyoに出会ったのもその時。最近はディープラーニングあたりに挑戦中。

Twitter:@Addition_quince


赤池奈津子(あかいけなつこ)

ちゅらデータ株式会社のデータアナリスト。Pythonが好きという理由でSIerからデータアナリストに転職。未経験のままノリでPython APACでしゃべってしまったので,人前で話すとか英語もがんばりたいヽ(´▽`)/

Twitter:@natsukoa333

バックナンバー

「PyCon APAC 2017 in Malaysia」参加レポート

コメント

コメントの記入