「PyCon APAC 2018 in Singapore」参加レポート

Day1:プライバシーを機械学習でどう守るか?/機械学習の基礎と応用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

こんにちは,taisaです。2018年5月31日(木)~6月2日(土)にかけて行われたPyCon APAC 2018 in Singaporeに参加してきました。本レポートでは最後の2日間に行われたカンファレンスデイの様子やセッション以外の現地滞在の様子などを2回に分けて,当日参加したPyCon JPスタッフや元スタッフのメンバーがお届けします。

PyCon APACとは

taisa

PyCon APACとは,Pythonユーザの情報共有や交流を目的として世界各国で開催されているイベント「PyCon」のアジアパシフィック版のカンファレンスです。PyCon APACは2010年に初めてシンガポールで開催され,今年で9回目の開催となります。

PyCon APACはアジア太平洋の各国で年に1度開催されます。近年では,台湾・韓国・マレーシアで開催されました。私は昨年が初めての参加でしたが,今では年に1度の楽しみなイベントの1つになっています。近年に開催されたPyCon APACの様子は下記の参加レポートにてご確認できます。

PyCon APACは誰でも参加できるカンファレンスです。ですが「興味はあるが,1人では不安」という人もいるかと思います。そういう人のために,一般社団法人PyCon JP 代表理事の寺田さんが企画しているPyCon APAC参加ツアーというものがあります。こちらに申し込むとツアーで行くメンバーと一緒に参加することができるので是非興味のある方は次回参加してみてください。

シンガポールと今年のカンファレンス会場

taisa

今年の開催地はシンガポールでした。シンガポールはご存知の通り大変治安がよく,安心して生活することができました。ただ一方で,宿泊や飲食などの値段がやや高く(安いところもあります)⁠大変なところもありましたが,タクシーやGrabの値段は安いので,移動に困ることはありませんでした。

画像

カンファレンス会場は,シンガポール国立大学(NUS)でした。NUSは2016年から現在において,アジア大学ランキング1位の大学です。カンファレンスは,キーノート以外のトークセッションは「Data Science」⁠Web Development / DevOps」⁠Other」というジャンルに分かれ,3トラック並行で進行しました。

キーノートが終わると,まずブッフェ形式で朝食が振る舞われます。その後2つのトークセッション後,昼食がこちらもブッフェ形式で振る舞われます。どちらも大変美味しいので食べ過ぎには注意が必要です。またコーヒーや紅茶,水やジュースも常時用意されていました。トークセッションは基本的には聞くことがメインになりますが,スポンサーブースではスポンサーとして出展している企業の担当者と英語でコミュニケーションする機会が生まれるので,こちらも楽しみのひとつです。

ランチの模様

ランチの模様

キーノート :“Tell me your secrets - Privacy in machine learning systems”―Katharine Jarmul

taisa

1日目のキーノートはKatharine Jarmul氏によるセッションでした。Katharine Jarmul氏はkjamistanのFounderであり,KI ProtectのCo-Founderでもあります。KI Protectでは「The security layer for data science and AI」という名のもとに,セキュリティに関するプロダクトを提供しています。

タイトルは「Tell me your secrets - Privacy in machine learning systems」で,現代におけるプライバシー保護に関する内容でした。このセッションの背景には,現在グローバル化やクラウドサービスの利用拡大,ビッグデータの大幅な増大があります。これにより,個人情報保護の重要性が高まり,同時にサイバー攻撃などによる個人情報漏えいのリスクも急速に高まっているという状況があります。

そんな中,欧州連合(EU)は,2018年5月25日に一般データ保護規則(GDPR)をという規則を施行しました。GDPRは「General Data Protection Regulation」の略で,⁠EU内の全ての個人のためにデータ保護を強化し統合する」ことを意図しています。

このセッションの中では,GoogleやAppleがどのようにデータを集めているかの例をあげた上で,そのデータからあらゆる言語モデルを利用してデータを非匿名化する例(クレジットカード番号を見つけ出す方法など)を紹介していました。そこからデータサイエンスやAI時代におけるセキュリティの必要性を,自身のプロダクトを交えながら説明しました。

つまり,これからはクラウドに無条件でデータを渡すのではなく,自分のデータは自分で管理しましょうということだと思います。そして最後はそのメッセージを込めてみんなで「We are Data Guardians!」と唱和して終わりました。

みんなで「We are Data Guardians!」と唱和

みんなで「We are Data Guardians!」と唱和

本レポートと合わせて以下の記事を読むと理解が深まると思います。

セッションの感想

データサイエンスやAIが普及する中でGDPRの施行がはじまり,これまでとはまた違った新しいインターネットの流れが感じられるセッションでした。

著者プロフィール

taisa(たいさ)

Cocolive株式会社 CTO。SIerを経てアライドアーキテクツにてWeb広告・SNSマーケティング関連のWebサービス開発を経験し,副部長としてマネージメントしながらテックリードとして複数のWebサービス立ち上げに従事。その他にPyCon関連のコミュニティ活動や「AIPyハンズオン」勉強会の主催を行っている。共著本に『React,Angular,Vue.js,React Nativeを使って学ぶ はじめてのフロントエンド開発』がある。

Twitter:@taisa831
GitHub:@taisa831
Blog:https://github.com/taisa831


清田史和(きよたふみかず)

PyCon JP 2012-2016実行員で最近は地元の九州でのPythonの普及活動SnapDishサービス開発を手がけている。

Vuzz Inc.取締役CTO,株式会社ナチュラルコーヒー代表取締役,学校法人北部学園ほくぶ幼稚園 理事長


横山直敬(よこやまなおたか)

株式会社ビープラウド所属。SIerを経てPythonエンジニアとなる。Python学習プラットフォームPyQの開発チームにて問題作成やシステム改善に携わっている。また,Pythonコミュニティにも参加しており,PyCon JP2017-2018スタッフ,みんなのPython勉強会運営メンバーを務めている。

Twitter:@NaoY_py
GitHub:NaoY-2501
Blog:http://nao-y.hatenablog.com/


寺田学(てらだまなぶ)

株式会社CMSコミュニケーションズ代表取締役/一般社団法人PyCon JP代表理事。

Pythonの魅力を伝えるべく,初心者向けや機械学習分野のPython講師を精力的に務めている。

Twitter:@terapyon
GitHub:@terapyon
Blog:https://www.cmscom.jp/blog

バックナンバー

「PyCon APAC 2018 in Singapore」参加レポート

コメント

コメントの記入