レポート

「PyCon Taiwan 2012」参加レポート

 

  • PyCon Taiwan 2012, Day 2
    • PayCon Taiwanの運営者へのインタビュー
    • Keynote:Python and the Web
    • Welcome To PyCon JP
    • What Can Meta Class Do For You?
    • Closing
    • Dinner
    • 台北電脳街
    • 台湾の旅終了
    • PyCon JP 2012のお知らせ

    2012年7月12日

  • PyCon Taiwan 2012, Day 1
    • 会場に向かう
    • Keynote: Large-scale array-oriented computing with Python
    • Clime: Simply CLI-ize Your Program!
    • Lightning Talks
    • PyCon Taiwanの雰囲気
    • PyCon Taiwan1日目終了
    • 次回予告

    2012年6月27日

  • PyCon Taiwan 2012, Day 0
    • PyCon Taiwanに行こう!
    • PyCon Taiwanへの参加費用
    • Mozilla Taiwan訪問
    • NVDA関連ミーティング
    • 台湾レポート

    2012年6月25日

 

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory


西本卓也(にしもとたくや)

NVDA日本語チーム 代表。

大学教員を経て個人事業者として独立。音声合成や音声認識,視覚や聴覚に障害がある人を支援する情報技術に興味を持つ。世界で注目されているオープンソースのスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)NVDA日本語版の開発メンバー。共著書に『バージョン管理システム(CVS)の導入と活用』(ソフトバンク)がある。

Twitter: @24motz
ブログ: http://d.nishimotz.com/


森本哲也(もりもとてつや)

一介のプログラマ。

自分で設計して,自分で開発して,自分で直せるような独立したプログラマを目指している。OSSコミュニティのゆるい人のつながりが性にあっていてPythonプログラミングが好き。共訳書に『エキスパート Pythonプログラミング』(アスキーメディアワークス)がある。

Twitter:@t2y

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/t2y-1979/