PyCon APAC 2013参加レポート

第1回 高エネルギー研究,Dropboxを支えるPythonの力 ─Georg Brandl氏, Rian Hunter氏による基調講演から

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

9月13日(金)~16日(月)にかけて,新宿の工学院大学とホテルローズガーデン(チュートリアル会場)で開催されたPyCon APAC 2013に参加してきました。セッション,LT,パーティ,開発スプリントとさまざまなイベントが行われるPythonの祭典を楽しんできましたので,参加レポートをまとめたいと思います。

PyCon APAC 2013とは

この記事を読んでいる方は,PyConについてご存知の方も多いと思います。また,海外のPyConや去年の参加レポートも上がっているので,読まれた方も多いのではないでしょうか。

PyConとはPythonユーザが集まり,Pythonに関する知識を共有したり,Pythonの輪を広げるためのカンファレンスです。今年はへび年ということもあり「The Year of Python」をテーマとし,日本の参加者も海外の参加者も垣根なく,交流しやすいイベントを目指しています。

今年の参加者は500人以上。日本で開催されるPyConとしては4回目ですが,毎年規模が大きくなっています。筆者は参加していませんが,第1回目のPyCon mini JPは136人だったそうなので,比べると4倍の人数が来たことになります。

初日オープニングの模様,この後キーノートで会場は満席に

初日オープニングの模様,この後キーノートで会場は満席に

さらに,今年のPyConは特別です。PyCon JPではなくPyCon APACです。APACとはAsia Pacificの略で日本を含む,アジアから太平洋にかけての地域を指します。キーノート,セッション,ランチの会場を見ても,多くの方々が英語で会話されていました。アジア圏の方も多く,日本人と見分けがつかないことも多いのですが,全員が名札を下げているため,これを見れば海外の方なのか日本の方なのかはわかります。

筆者がいただいた名札

筆者がいただいた名札

キーノートのお二人も海外の方で,Georg Brandlさんがドイツのミュンヘンから,Rian Hunterさんがアメリカのサンフランシスコからの参加です。もちろん,発表は英語で行われます。

その他のプログラムも英語と日本語のセッションが半分ずつ用意されていました。英語と日本語で部屋が分かれており,セッションの場所を探す際にわかりやすい配置になっていました。このことからも,今年のPyCon APAC 2013が国際色豊かなイベントだったことがおわかりいただけると思います。

会場MAP(抜粋)⁠部屋ごとに「日本語」⁠英語」に分けられています

会場MAP(抜粋)。部屋ごとに「日本語」「英語」に分けられています

この参加レポートでは,3回に渡りセッションの内容を中心にPyCon APAC 2013の雰囲気をお伝えしたいと考えています。第1回として,基調講演の内容をお届けします。

1日目基調講演 Georg Brandl氏 ─Python and Neutrons, or how to make it fun to move motors

初日の基調講演はPythonのコアデベロッパであるGeorg Brandlさんです。Pythonで書かれたドキュメンテーションシステムであるSphinxの作者としても知られています。現在は,物理学のドクターをとるためにミュンヘン工科大学に籍を置いているそうです。

Georg Brandlさん

Georg Brandlさん

講演ではGeorgさんに関わる2つの話題に触れていました。1つは,GeorgさんがPython 3.2とPython 3.3のリリースマネージャであることから,Python 3の現状関する話題,もう1つは,現在,物理学のドクターをとるためにサイエンスに携わっているということで,Pythonとサイエンスに関する話題です。プログラミング言語自体に詳しくないサイエンスの人たちが,コアデベロッパであるGeorgさんと一緒にPythonを使いながら研究できるのは羨ましい限りです。

Python 3.3とPython 3.4の現状

「Python 3.3は去年の9月にリリースされたからみんな使ってね」とのこと。3.3で追加された新しい機能について紹介がありました。

  • yield fromが追加
  • importlibがデフォルトで使用されるように
  • virtualenvが標準で組み込み
  • デバッグ支援のためのfaulthandlerの追加
  • FileNotFoundErrorなどの例外の追加
  • ipaddressモジュールの追加
  • namespace packageサポート
  • u"..."の復活

このあたりはおさらいといった形で軽く触れていました。

これに対して,Python 3.4はalpha 2が今週中に,正式リリースは2014年の2月に出るよ,とアナウンスがありました。こちらはぜひテストして,問題があったらレポートよろしく! とのこと。Python 3.4で新しく追加される機能についても軽く言及がありました。

  • enumモジュールの追加
  • tulipと呼ばれる非同期ライブラリが追加(されるかも)
  • 多くのPEPがディスカッション中

こちらはさすがにAlphaバージョンといった感じで,まだまだ決まっていないことが多いようでした。

続いて,Python 2からPython 3への移行の話に移ります。Python 3にどれぐらいのライブラリが対応しているのかを,2008年から現在までを棒グラフで表した図を使って説明しました。現在2,500パッケージ,全体の約8パーセントがPython 3に対応しているそうです。ただし,PyPIに登録されたインデックスを元に出した値なので参考値程度と考えて欲しいとのことです。

また,Python 3 Wall of Superpowersのサイトを引用して,どれぐらいのパッケージがPython 3に対応しているかも話していました。

スライド右側が「Python 3 Wall of Superpowers」の対応図,緑色がPython 3対応パッケージになっている

スライド右側が「Python 3 Wall of Superpowers」の対応図,緑色がPython 3対応パッケージになっている

著者プロフィール

藤原敬弘(ふじわらたかひろ)

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。

Fuller, Inc. CTO

Webプログラマ,よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って,便利なものを自作する。

twitter:@wutali
github:https://github.com/wutali

コメント

コメントの記入