PyCon JP 2012参加レポート

第2回 17歳のVPS構築記,Python3の最新情報からソーシャルゲーム,WebフレームワークとPythonの話

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

2012年9月15日から17日までの3日間,都立産業技術大学院大学で,毎年恒例になったPyCon JP 2012が開催されました。

本記事では3回に渡り,PyCon JP 2012で行われたセッションについてレポートします。第2回の今回は,主にWeb開発系セッションの模様をお伝えします。

ナウでヤングな17歳のVPS構築記

現在高校2年生でPyCon JP 2012最年少の発表者,筆者吉田昂平によるセッションです。PyCon JP 2012には発表者としても参加したので,趣向を変えて発表者として私のセッションについてお伝えします。

Call for Proposals

PyCon JP 2012が開催される2ヶ月以上前の6月,Call for Proposalsとして演題募集が行われました。このCall for Proposalsに応募したところ,私のセッションが採択されPyCon JP 2012で登壇することとなりました。

事前準備

私のセッションは自宅サーバーを仮想化して仮想マシンを操作するウェブコントロールパネルを制作した,という話なので,セッションの前々日までソフトウェアの開発をしていました。

そして,前日から発表資料作りにとりかかりましたが,日中は学校に行っているために作業する時間がなく,結局放課後にカフェに寄ってそこで発表資料を作りました。それでも発表資料が完成しなかったので,自宅での夜を徹した作業の末,ようやく発表資料を作る事ができました。

そんな状態で発表を迎えたため,当然発表の練習をすることなどはできませんでした。

発表当日

Armin Ronacher氏のキーノートの後が自分のセッションだったので,キーノート終了後,自分のセッションが行われる教室に入り準備をしました。

Twitterで#pyconjpハッシュタグをウォッチしていたところ,併設イベントの「Django & Pyramid Con JP 2012」は立ち見が出るほどの盛況らしいことに対し,私のセッションでは空席が目立っている状況でした。そのため,慌ててTwitterでの宣伝を行いました。

これが功を奏したのか,空席も目立たないようになりました。また,後から冷静に考えてみると,私のセッションが行われた教室のキャパシティが180人だったので,多くの方にお越しいただけたようで幸いです。

登壇中の筆者

登壇中の筆者

発表終了後

Twitterでは多くの方からお褒めの言葉をいただけた上,複数の方のPyCon JP参加報告ブログでも取り上げていただき,同様にお褒めの言葉をいただけ,セッションをやった甲斐がありました。とても嬉しかったです。

まとめ

発表資料作りはもっと計画的にやるべきであるという教訓を得ました。

自分が日ごろやっていることをアピールすることができ,さまざまな人と交流することもできますので,みなさんもぜひ来年は発表者として参加してみてください。

著者プロフィール

吉田昂平(よしだこうへい)

高校2年生。小学6年生の時に同級生からウェブサイト制作を依頼されたことからプログラミングの世界に足を踏み入れる。得意とする言語はPython。PyCon JP 2012では,「ナウでヤングな17歳のVPS構築記」というタイトルでセッションをしたことに加え,運営スタッフも務めた。

URL:http://yosida95.com/

Twitter:@yosida95

コメント

コメントの記入