PyCon JP 2012参加レポート

第3回 Open Spaces,ライトニングトーク,Sprints─PyConならではのセッションたち─そして来年は?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2012年9月15日から17日までの3日間,都立産業技術大学院大学で,毎年恒例になったPyCon JP 2012が開催されました。

本記事では3回に渡り,PyCon JP 2012で行われたセッションについてレポートします。最終回の今回は,PyCon JP 2011よりも規模が大きくなって行われたOpenSpacesやライトニングトーク,PyCon JP 2012 PartyなどPyCon JP 2012の特色ある催しの様子をお伝えします。また,来年の開催についても知らせします。

Open Spaces

OpenSpacesは2日目のお昼休みに開催されました。OpenSpacesとは,話したい事がある参加者向けに各教室が開放されて,そこで自由に発表や議論などをすることができるというものです。

OpenSpacesではArduinoとPythonを使ってLEDを制御する電子工作系の話や,PythonでGPGPUをするハードウェア系の話,ハンズオンで人気を博したPython製ソフトウェアシンセサイザーの話など様々な分野の発表や,python.jpリニューアルについての議論などが行われました。

Open Spacesタイムテーブル

Open Spacesタイムテーブル

この中から,筆者が参加した2つを紹介します。

OpenStackとPythonと私

日本仮想化技術の@tmiyahar氏によるOpenStackに関する発表です。

OpenStackとはオープンソースで開発が進められているクラウド基盤ソフトウェアで,これを利用すると簡単にプライベートIaaSクラウドを実現する事ができます。OpenStackは,仮想マシンやストレージ,ネットワークなど目的別にモジュールがわかれており,それらが連携してIaaSを実現します。

この発表では,OpenStackのウェブコントロールパネルを利用して実際に仮想マシンインスタンスを作成するデモが行われました。

筆者は自宅にVPSを構築する程に仮想化技術に興味があるので,とても興味深く発表を聞くことができました。今度時間のあるときに実際にOpenStackをインストールして,OpenStackのREST APIで遊んでみようと思います。

エキパイ読書会出張所

「エキスパートPythonプログラミング」の翻訳者の1人である清水川 貴之氏による読書会です。

「エキスパートPythonプログラミング読書会」⁠通称エキパイ読書会)は毎月開催されていて,筆者も何度か参加したことがあります。今回は,そのPyCon JP 2012出張版ということで,第2章「構文ベストプラクティス - クラス以外」を読み進めていき,リスト内包表記や,Pythonicという言葉についての説明が行われました。

また,読書会の冒頭では,⁠エキスパートPythonプログラミング」のプレゼントじゃんけんも行われました。

ライトニングトーク

1日目のすべてのセッションが終了したあと,キーノートが行われた部屋でライトニングトークが行れました。

ライトニングトークとは,5分間という限られた時間の中で発表をする催しです。ライトニングトークでは5分が経過したことの合図にドラを鳴らすことが恒例になっていて,ドラを鳴らす女性はドラ娘と呼ばれます。今回のドラ娘は,PyCon JP 2012スタッフの今津りこさんが務めていました。

今回のライトニングトークの登壇者は当日決められました。参加者の中から発表したい人が立候補していき,早い者勝ちで9本のライトニングトーク枠を奪い合いました。その結果,日本語の発表が5本,英語の発表が4本行われました。

ライトニングトークで行われた9本の発表のうち,筆者が気になった発表を日本語のものと英語のものからそれぞれ1本ずつ紹介します。

ここに取り上げるものを含め,すべてのライトニングトークの模様をご覧いただけます。

Excel方眼紙撲滅委員会活動報告 2012.09

Sphinx-users.jpの小宮 健氏による発表です。今回の発表ではまず最初に,前回発表の振り返りとしてblockdiagの紹介が行われました。

blockdiagとはテキストからブロック図を簡単に生成できるツールです。このblockdiagを用いると画面遷移図などを簡単に作成することができます。このblockdiagで画面遷移図を作成すれば,Excel方眼紙で画面遷移図を作った時に生じる編集のしにくさや図がずれるなどの諸問題を解決することができます。

次に,今回の小宮氏はこの発表のメインとして,小宮氏が開発したSphinxcontrib-webmocksの紹介を行いました。Sphinxcontrib-webmocksはSphinxを使って簡単に画面仕様書を作成することができるツールです。StructuredTextで画面仕様書を書いていき,これをmake htmlすることでHTML形式の画面仕様書が作成されます。このツールを使うことによって,Excel方眼紙で画面仕様書をつくる必要からも開放されるのだそうです。

デモも行われ,実際にreStructuredTextでテキストフォームや,ボタンを定義していき,make htmlコマンドを走らせると画面仕様書が作られていく様子に,会場からも拍手が湧きました。

小宮 健氏

小宮 健氏

CodeKata

Martin Heidegger氏による発表です。

CodeKataとは,プログラマでRubyについての著書を多数持つDave Thomas氏が,柔道の型ように反復練習をすることでスキルが向上にするという考えに基づいて,⁠ソースコード⁠⁠柔道の型⁠を組み合わせて作った造語です。このCodeKataを実践することで,プログラマとしてのスキルが磨かれていくのだそうです。

Martin氏の発表では,このCodeKataの紹介の後,実際に TheBowlingGameKata というCodeKataをPyCharmを使って実践するライブコーディングが披露されました。

TheBowlingGameKataはテスト駆動開発に関するもので,Martin氏のライブコーディングでもテストを定義していき,そのテストが通ることを確認するスタイルで勧められました。

筆者はテスト駆動開発を導入する際に,どのようにテストを書いたらよいのか,という事に悩んだ経験があります。このようにテスト駆動開発を導入する人にとって,TheBowlingGameKataのように,チュートリアル形式でテスト駆動開発を導入する練習ができる,ということはとてもよいことだと思いました。

Martin Heidegger氏

画像

著者プロフィール

吉田昂平(よしだこうへい)

高校2年生。小学6年生の時に同級生からウェブサイト制作を依頼されたことからプログラミングの世界に足を踏み入れる。得意とする言語はPython。PyCon JP 2012では,「ナウでヤングな17歳のVPS構築記」というタイトルでセッションをしたことに加え,運営スタッフも務めた。

URL:http://yosida95.com/

Twitter:@yosida95

コメント

コメントの記入