PyCon JP 2016カンファレンスレポート

1日目オープニング,Jessica McKellar氏基調講演,鷲崎弘宜氏,Seiya Tokui氏の招待講演,注目セッションからLTまで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

PyCon JPとは?

PyCon JPは,Pythonユーザが集まり,PythonやPythonを使ったソフトウェアについての情報を交換し,Pythonユーザが交流をするためのカンファレンスです。

PyCon JP 2016では,「Everyone's different, all are wonderful.」をテーマに据えました。2日間のカンファレンス来場者は昨年の602名から今年は720名まで増え, 昨年に引き続き過去最大の来場者数を更新し大変な盛り上がりとなりました。 ご参加いただいた皆様,本当にありがとうございました。

画像

1日目基調講演『Breaking the rules』 ― Jessica McKellar

(橋本安司)

カンファレンス1日目の基調講演はJessica McKellar氏による,『Breaking the rules』と題した,OSSなどのコミュニティ活動に貢献することで「ルールを破り世界をデバッグしよう」というテーマの講演です。

Jessica McKellar氏の講演の模様

Jessica McKellar氏の講演の模様

Jessica氏は,起業家として,ソフトウェアエンジニアとして,さらにオープンソース開発者として,多方面で活躍されています。これまでに,Python Software Foundationのディレクター,北米PyConにおけるダイバーシティ推進活動の代表者,さらにはTwisted等著名OSSのメンテナなどを務めてきました。これらの活動は大きく評価され,2013年にO'Reilly Open Source Awardを受賞しています。

画像

「Programing changes the way you think about and debug and interact with the world.」

今回のトークの冒頭で掲載され,またトーク中何度も繰り返されたメッセージです。

プログミングを学び,考え方を変え,デバッグして,世界を変えることができる,社会をよくできる,そんなメッセージです。プログラマーはシステムを変更する方法を習得しています。システムをデバッグし,より良いものにしていく。同じことをコミュニティや,社会・国家といった単位で行うことで,自分の想いを実現していこう。そのためには,コミュニティに入り,その活動を通じて,貢献していこう!!と,Jessica氏は呼びかけました。

また,質疑応答も活発に行われました。

  • 「もっともエレガントなシステムとは何か?」
  • 「プログラミングビギナーの気持ちを理解するには?」
  • 「(周囲より遅くプログラミングを始めたことによる)劣等感をどう克服しましたか?」

など,多くのQAが飛び交いました。

質疑応答の模様

質疑応答の模様

盛り上がったKeynoteと質疑応答の様子はこちらで動画配信しています。ぜひぜひご覧ください。

Jessica McKellar氏講演資料(PDF)

1日目招待講演「Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン」―鷲崎弘宜

(橋本安司)

ここでは招待講演の「Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン」を紹介します。本講演のスピーカーは,会場である早稲田大学の鷲崎弘宜教授です。

講演を行う鷲崎弘宜氏

講演を行う鷲崎弘宜氏

Pythonを含む多くの言語で活用できるテストカバレッジ測定フレームワーク「Open Code Coverage Franework(OCCF)」と,そこから派生した汎用コード処理フレームワーク「UNIfied COde ENgeering framework(UNICOEN)」の紹介や,そのプロジェクトに至る経緯,多言語時代を取り巻く環境について,主に以下の3項目のセンテンスで講演は行われました。

  • エンジニアリングと再利用
  • 多言語時代のコード処理フレームワーク
  • フレームワークからデザインパターンへ

画像

エンジニアリングと再利用

「SWEBOKを見たことがない。刺激的な言葉を使うならあなたのソフトウェアにまつわる活動が正当ではない。」そんな挑発的な言葉で始まった本講演,「software engineering body of knowledge(SWEBOK)」の紹介,そして正当なエンジニアリングにまつわる話からスタートしました。

正当なエンジニアリングの3つの条件,知識の体系SWEBOKの紹介,デザインパターン・フレームワークなど再利用の話と続いていきます。

多言語時代のコード処理フレームワーク

再利用の話を踏まえた上で,いよいよ「OCCF」「UNICOEN」の紹介です。一つのプロジェクトで複数の言語を扱う事が多い現代における,ツール開発支援のフレームワークです。JavaやRubyなどのコードも交えた両フレームワークの特徴,複雑度測定ツール,翻訳による言語学習(JavaをSwiftに翻訳したり)などが紹介されました。

フレームワークからデザインパターンへ

最後はデザインパターンの紹介。フレームワークとデザインパターン違い,共通言語・共通指針としてのデザインパターンの説明。OCCFにおける命令網羅のPython用実装,そしてデザインパターンの落とし穴で話は締めくくられました。

画像

会場では熱心に耳を傾ける方が多く,QAも熱を帯びていました。45分という時間の中に,非常に高い密度の内容が詰まった講演でした。

具体的な鷲崎教授のお話はこちらで動画配信しておりますので,ぜひぜひ確認してみてください。

著者プロフィール

橋本安司(はしもとやすし)

CMSコミュニケーションズ勤務。PyCon JP 2015よりWeb担当をしています。

JavaScriptのフロントエンド開発を中心にWebプログラマをしています。ゲーム系のエンタメ誌のエディターや,サブカル系のショップのWebディレクターを経て,20代後半にPython/Djangoに出会い,Webプログラマとなりました。現在は,PythonとJavaScriptの両方をメインに,研究会なども開催しています。

Twitter:@yellow844


陶山嶺(すやまれい)

PyCon JP 2016 公式ガイドアプリのAndroid版の開発,Webシステムを担当。

普段の業務でもiOS/Androidアプリケーションの開発をメインとしているが,学生時代から一番好きな言語はずっとPythonのまま。PyCon JP 2015に一般参加した際,スタッフの動きを見ながら学生時代にイベントの企画を行っていた経験を思い出す。

Python自体に貢献したい気持ちもあったため,PyCon JP 2016ではスタッフとして参加。初スタッフでありながらも,過去の経験を活かして奮闘中。

Twitter:@rhoboro

バックナンバー

PyCon JP 2016カンファレンスレポート

コメント

コメントの記入