PyCon JP 2017カンファレンスレポート

1日目 Peter Wang氏キーノート,変数アノテーション,自然言語処理,PythonでWebセキュリティ自動化~新企画「メディア会議」に注目

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

PyCon JPとは

PyCon JPは,Pythonユーザが集まり,PythonやPythonを使ったソフトウェアについての情報を交換し,Pythonユーザが交流をするためのカンファレンスです。

PyCon JP 2017は2017年9月7日~10日に早稲田大学西早稲田キャンパスで行われ,メインイベントとなる9月8日,9日のカンファレンス来場者は約700人と大盛況でした(9月10日のスプリントのみMicrosoft社で実施)⁠ご参加いただいた皆様,本当にありがとうございました。

ここでは2日間のカンファレンスのなかから,選りすぐりの注目セッションやイベントをレポートしていきます。

1日目基調講演「Python for Data: Past, Present, and Future」 ― Peter Wang

(陶山嶺)

カンファレンス1日目の基調講演は,昨今非常に注目を浴びてきている「Python」「Data」を題材にしたPeter Wang氏による講演でした。Peter氏は,Numpy,Scipyの開発者であるTravis Oliphant氏とともにContinuum Analyticsを設立し,データサイエンス向けディストリビューションであるAnacondaの開発やPyDataカンファレンス,PyDataコミュニティを立ち上げてきた方です。

この講演は,Peter氏の自己紹介とともにContinuum Analyticsを設立した2012年から現在までのPythonやデータサイエンスをとりまく環境とその変化を振り返りながら始まりました。2012年時点ではビッグデータに関するカンファレンスでもHadoopやJavaを利用したセッションが多かったようですが,現在ではPythonはCMにまで登場するほどポピュラーな言語になっている,とユーモアを交えて紹介されました。

Peter氏による基調講演の様子

Peter氏による基調講演の様子

さて,5年前とは打って変わって非常にポピュラーになったPythonですが,なぜデータサイエンス分野でPythonを使うべきなのでしょうか。Peter氏が示したのは下記の2点でした。

  • Pythonは教育用プログラミング言語であるABCをルーツとしているため,教育やプロトタイピングに向いている
  • Pythonはソフトウェア開発からデータ分析まで広い領域をカバーしている

また,Peter氏は「Data science != Software Development」とも話していましたが,実際にPyCon JP 2017の参加者の中にもソフトウェア開発よりデータ分析がメインという方も多いようでした。これは他のプログラミング言語のカンファレンスではあまり見ないPythonの特徴のひとつですね。

Peter氏からは「What's Next?」と題したPythonの将来についての話もありました。Peter氏は,⁠Apache Arrow formatにより言語間での相互運用性が高まる」⁠⁠メモリやストレージ,GPUの改善によってより多くのことがローカル環境で実行できるようになる」などの予測をしていました。

そして,講演の最後では,Pythonに関連するコミュニティについて言及し,その特徴を「Huge Maker Community」と表現しました。これは,ScipyのようなPythonのメジャーで巨大なライブラリ群がソフトウェア開発者ではなく,ユーザー自身の手で作られていることを表した言葉ですが,端的にその特徴を捉えていると非常に感心させられました。

講演後には質疑応答がありましたが,こちらも活発に質問が飛び交いとても盛り上がりました。キーノートの様子は質疑応答も含めてこちらで動画配信していますので,ぜひご覧ください。

質疑応答の様子

質疑応答の様子

著者プロフィール

陶山嶺(すやまれい)

メディアスポンサー対応、PyCon JP 公式ガイドアプリのAndroid版の開発を担当。PyCon JPにはPyCon JP 2015で初めて一般参加。Python自体に貢献しようとPyCon JP 2016からはスタッフとして参加している。

渋谷のカラフル・ボード(株)に勤務し、8月から広島の尾道でリモートワークを実践中。前職ではiOS/Androidアプリ開発、現職ではPythonとGCPでのサーバーサイド開発をメインとしている。学生時代から一番好きな言語はずっとPython。

Twitter: @rhoboro


海老原由夫樹(えびはらゆうき)

PyCon JP 2017広報・メディアスポンサー担当。

PyCon JPにはPyCon JP 2016からスタッフとして参加。普段はツールの導入支援業務を行う中で作業の効率化のためにPythonを使用している。Python の達人になるべく勉強中。

Twitter: @silverskyvicto


小林正彦(こばやしまさひこ)

メディアスポンサー対応、PyCon JP 2017メディア会議企画担当。

PyCon JPにはPyCon JP 2017にスタッフとして初参加。株式会社アークシステム所属。SEサービスに従事。企業システムの開発から運用までITのライフサイクル全般にわたるソリューションを提供している。開発、運用業務効率化のためにPythonを使用している。

Twitter: @donadeno

バックナンバー

PyCon JP 2017カンファレンスレポート

コメント

コメントの記入