RubyKaigi2008 スペシャル★レポート

RubyKaigi・アンド・ナウ――日本Ruby会議2008運営委員長の個人的なふりかえり

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

高橋さんと「日本でもこういう感じのRuby Conferenceをやりたいねえ」という話もしてて,やるとしたら次のゴールデンウィークあたりがいいかな? と考えてます。

――青木峰郎ruby-list:31889)

はじめに

日本Ruby会議(RubyKaigi)は2006年から毎年開催されている,日本における事実上の公式Rubyカンファレンスです※1)。3回目の開催となった今年のRubyKaigi2008は,いくつかの課題を残しながらも基本的には成功したイベントだったと思います。怪我や混乱もなく無事に会期を終えることができたのも,さまざまなかたちでRubyKaigiの運営を支えてくださった方々と,参加者のみなさんのおかげです。この場を借りて御礼もうしあげます。

本記事では初回から運営に携わっていた者の個人的な視点から,RubyKaigiのこれまでをふりかえり,今後の展望をお伝えします。

その前に,運営委員長という役割を簡単に説明しておきます。日本Ruby会議実行委員会は2007から実行委員長,プログラム委員長,運営委員長の3役を中心にチームを編成しています。実行委員長は,開催についての最高責任者,RubyKaigiの「顔」です。プログラム委員長は,セッションや企画といったコンテンツの責任者です。RubyKaigiの「頭脳」ですね。運営委員長は,会期中の運営をつつがなく行うための準備とオペレーションに責任を持ちます。RubyKaigiの「首から下」です。会期中の現場では,他の実行委員や当日スタッフとチームを組んでオペレーションを行います。

※1)
第1回の2006年は正式名称は「日本Rubyカンファレンス2006」で,RubyKaigiはあくまで通称でした。2007年から正式名称が「日本Ruby会議」に改められています。参照:RubyKaigi2007のFAQ

新しいRubyKaigiのあり方を探る試み

RubyKaigi2008の趣意書にもある通り,今年のRubyKaigiのテーマは「多様性」でした。これはRubyKaigi2007の基調講演でDave Thomasが私たち日本のRubyistに向けたメッセージ,「Prepare to welcome new people(新しい人々を迎える支度をしよう)」を踏まえたものであり,Ruby on Railsの普及に伴うRuby利用者層の拡大と多様化,次世代Rubyである1.9.0のリリース,JRubyやRubinius,IronRubyにMacRubyといったさまざまなRuby実装の出現,といった昨今のRubyを取り巻く状況を反映させたものです。

……というのは表向きの理由で,実行委員会として多様性をテーマに打ち出したのにはもう一つ理由があります。それはRubyKaigi2008をRubyKaigi2007を越えるRubyKaigiを開催するための道を探る試みとするというものでした。昨年のRubyKaigi2007は「Rubyコミュニティの一体感の演出」という意味で成功し過ぎてしまいました。高橋征義さんによるRubyist Magazine 0021号の巻頭言がそのことを端的に語っています。曰く「基調講演はRubyコミュニティの一体感を強烈に演出したのだが,しかしながらその一体感は,実際にはそこにそぐわない部分を捨象した,一種の幻想にすぎない」と。

そこでRubyKaigi2008では,これまでのRubyKaigiを支えていた一つのRuby,一つのRubyコミュニティという思想から離れたRubyKaigiのあり方,すなわち「いくつのものRuby,いくつものRuby処理系,いくつものRubyコミュニティに分かれながら,それでもどこかでつながりあい,影響しあっていく。そのような流れにあるRubyの姿を確認し,その流れを歓迎しつつ,さらなる発展を目指すための足がかりを得る」ために,次のようなチャレンジを行いました。

  • 0th dayとブース出展
  • 「RubyKaigi2008 Golfコンペ」と前夜祭
  • 海外からの招待基調講演の取りやめ
  • マルチトラック化とセッション司会制
  • Ustream.tvによるストリーミング中継
  • RejectRejectKaigi

改めて並べてみると,RubyKaigi2008はチャレンジづくしでした。そして,「今後のRubyKaigiのあり方を探る」という意味では収穫の多い開催となりました。今回実践した結果からのフィードバックを踏まえて,次回以降のRubyKaigiに活かしていきたいと考えています。

「0th day」とブース出展

これまでRubyKaigiの会期は土・日の2日間でしたが,RubyKaigi2008は金・土・日の3日間に会期を拡大しました。平日開催は初めての試みだったので「0日目(0th day)」と呼称し,内容についてもビジネス寄りの内容を多くしてみました。とはいえ,ビジネス一辺倒にするのでなく国内外のRubyコミュニティを紹介する時間も設けました。

当初は平日の開催で果たして人が来てくれるのか心配だったのですが,終わってみれば200名近い参加者を集められ,盛況な開催となりました。

「0th day」 会場の様子

「0th day」 会場の様子

「RubyKaigi2008 Golfコンペ」と前夜祭

今回は参加型の企画としてRubyKaigi2008 Golfコンペと参加者の飲食物持ち込みによる前夜祭を実施しました。きっかけは「ビジネスといえばゴルフでしょ」という冗談から始まった企画でしたが,出題者にゴルフ場オーナーの浜地慎一郎さんを迎え,多数の景品を用意するなど,全力で冗談を実現してみました。前夜祭での表彰式や浜地さんによる講評も大いに盛りあがり,予想以上の反響を得ました。Golfコンペの表彰については,RubyKaigi日記にまとめておきますので,こちらも参照してください。

また,Golfコンペの表彰とあわせて実施された前夜祭も「参加者が飲食物を自分で持ち込む」という参加者主導のカジュアルな形式で行いました。一般参加者が参加できるような企画は今後も考えていきたいです。

著者プロフィール

角谷信太郎(かくたにしんたろう)

(株)永和システムマネジメント,サービスプロバイディング事業部所属プログラマ。「『楽しさ』がシステム開発の生産性を左右する」と信じてRubyによるアジャイル開発を現場で実践するテスト駆動開発者。目標は達人プログラマ。好きな言語はRuby。好きなメソッドはextend。著書に『アジャイルな見積りと計画づくり』(共同翻訳),『JavaからRubyへ』(翻訳),『アジャイルプラクティス』(共同監訳),『インターフェイス指向設計』(監訳)。

URLhttp://kakutani.com/

著書

コメント

コメントの記入